「田島篤」おすすめ作品一覧

「田島篤」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/03/28更新

ユーザーレビュー

  • 挑む力 世界一を獲った富士通の流儀
    【挑む力】
    2・・・どのような「思い」を抱き、どのような「意識」を持ち、どのような「行動」をしたか
    28・・・池田敏雄さんの時代にコンピュータービジネスに舵を切った、それはある意味無謀だったが、決断を下し動くことが出来た。「挑戦者に、無理という言葉はないんだ」
    34・・・世界一を目指さない限り世界一...続きを読む
  • 挑む力 世界一を獲った富士通の流儀
    スーパーコンピュータ「京」やアローヘッドなどの国家規模の巨大PJから、農業クラウド、電子カルテシステムまで、富士通が関わった幅広い業種のPJについて当事者の話を聞いてまとめた本。

    富士通は泥臭いと内部の人間も思っているが、これは強みでもあるということを、第三者から言われると、自分たちの姿勢は間違い...続きを読む
  • 挑む力 世界一を獲った富士通の流儀
     「2位じゃダメなんでしょうか」で有名になったスパコン「京」や、シニア向け携帯電話の代名詞とも言える「らくらくホン」、被災地復興支援など、富士通という大企業が行ってきた数々の挑戦を、泥くさい現場の視点から8つのエピソードで切り取った本。
     富士通には、コンピューターの黎明期に、プロジェクトXで取り上...続きを読む
  • 挑む力 世界一を獲った富士通の流儀
    富士通の東証システム・京などの大規模プロジェクトについての本

    ・モノを売る相手は”企業”ではなく、その企業の”人”である。最終的に判断するのは”人”である。
    ・プライドを持ち、互いを認めて比較はするけど、批判はしない。
    うーむ、なるほど
  • 挑む力 世界一を獲った富士通の流儀
    面白かった。
    スパコンの京の開発、震災復興の活躍。
    この二つの話しの中でのリーダーの力を感じる。
    すべてに共通していえることは、リーダーが自分の力で自ら考え、それを突破していく力が息づかいのように感じる。
    これが素晴らしい。経営者でなく、リーダーがしっかりと頑張れるのがすごい。