「押川剛」おすすめ作品一覧

「押川剛」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/12/07更新

ユーザーレビュー

  • 「子供を殺してください」という親たち
    これは表紙がずるい。ミスリードさせようとしている。こんな幼い子供の丸まった小さな背中を見たら、「子どもを殺したいとはなんて非情だ!鬼!悪魔!」という怒りが瞬時に湧いてくるに決まっている。想像するのはネグレクトとか児童虐待とか、暴力に抑圧されている非力な存在の子どもの姿だ。

     でも読み始めると内容が...続きを読む
  • 「子供を殺してください」という親たち
    借りたもの。
    病識のない精神疾患患者を、医療機関に繋げる支援をしている著者が見た、当事者家族の姿と現在の精神医療の問題点を垣間見る本。
    子が精神疾患を患う患者の原因は親にあると明言する。何故なら親子関係――それは人間関係の根本である――が原因だからだ。
    しかし、親にその自覚などあるわけが(そして認め...続きを読む
  • 「子供を殺してください」という親たち

    実話ですね。

    わが家も、一昔前までは、ここに出てくる家族と同じような生活でした。
    境界性人格障害とされた家族が、他の家族に暴力をふるう。私には、直接暴力はありませんでしたが、枕元に護身用のナイフを置いて寝てました。
    家族みんなで(本人も含めて)、精神科やカウンセラー、警察などとも相談しながら治療を進めていまし...続きを読む
  • 「子供を殺してください」という親たち 1巻
    【鈴木マサカズさん】
    最初はのんびり読める「町田ほろ酔いめし浪漫」で知って興味を持ち、
    「銀座からまる百貨店」でそういう漫画家さんですか!
    と、
    認知し、
    今回の「子供を殺してください」という親たちで追っていくことを決めた漫画家さんです!


    【分割】
    1巻は#1から#4までありますが、
    #1は1話...続きを読む
  • 「子供を殺してください」という親たち
    30~40代になって"異常"行動があるのは、やはり子どもの頃からの生育環境が原因なんでしょうね。ただ、行政や医療に繋げるのは重要ですが、こころの病をどうやってカンカイさせていくか、家族の関係をどうしていくかですね。精神医療のサポートと警察等の行政の連携が重要になってくるのでしょうね。

特集