「新人物往来社」おすすめ作品一覧

「新人物往来社」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/03/27更新

ユーザーレビュー

  • 軍談 秋山真之の日露戦争回顧録

    良いですよ

    「坂の上の雲」見ましたが、なるほどあの場面はこの記録が底本のなねというのが解りました。良いですよ、この本は。
  • 昭和60年 国鉄山手線物語 よみがえる青春の日々
    山手線29駅(間もなく切りのいい30駅になりますね)の昭和のスケッチと最近の写真、駅の概説と駅長のエッセイが載せられた何とも嬉しい本です。「昭和60年 国鉄山手線物語」、2011.7発行です。私は一番馴染みがあるのは秋葉原、神田次いで渋谷、恵比寿です。有楽町、新橋、上野、御徒町も庭みたいなw感じです...続きを読む
  • ユダヤ大事典
    ユダヤ人について知らないことが多すぎたな。

    関西アウトプット勉強会で知り合った、マイミクさんからお借りした本。
    ユダヤ人に興味がある僕に、この本は多くの知識を与えてくれた。

    ユダヤ人はものすごく自分たちの人種に誇りを持っている。
    それはユダヤ教という神から選ばれた民族であるというプライドがあるか...続きを読む
  • 軍談 秋山真之の日露戦争回顧録
    年末の坂の上の雲(司馬遼太郎)をより立体的に見たいと思い、読んだ。
    秋山真之が自ら書いた軍談は、黄海、日本海の両海戦を的確に分析しており、とくに傍目には圧勝した日本海海戦もかなりあやういなかを綱渡りしたと分析している。
    でも、この本の一番いいところは、海軍、陸軍にわけて日露戦争30年後にさまざまな立...続きを読む
  • 昭和60年 国鉄山手線物語 よみがえる青春の日々
    山手線の駅がこんなに変わっていたのかという印象が大きい。
    気になったところを、駅名の由来なり、歴史などを拾って読むのがいい。

    そんなに大きくもなく分厚くもないので、
    軽く読むにはちょうどいい。
    情報量も手ごろ。