「沙藤一樹」おすすめ作品一覧

「沙藤一樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2014/12/18更新

ユーザーレビュー

  • プルトニウムと半月
    これを書いたのが原発事故の何年も前、というのが驚きだった。さすがにここまでの状況にはなっていないが、似た事件(いじめとか)は現実にもあった。
    『Dブリッジ・テープ』を書いた作家さんの著作で、やはり痛々しいシーンが多い。だが、それ以上におもしろい。最後が少し尻切れトンボに感じる(私としては)が、逆にあ...続きを読む
  • D-ブリッジ・テープ

    苦しく悲しい

    何ともいえない読後感でした…。
    そしてこれが現実にありそうで恐ろしい。
  • D-ブリッジ・テープ
    全ての予想を覆してくれたお勧めの短編文庫でした・・・

    文体が全て会話形式でページ数も少ない・・・
    それなのに読み進めると、どんな状況なのか鮮明にイメージされる

    それでいて、この一冊中に色んな喜怒哀楽の全ての感情が書き込まれている

    グロ態勢が無い方は厳しい…特にそれを会話形式で表現しちゃっている...続きを読む
  • D-ブリッジ・テープ
    ゴミ捨て場と化したD-ブリッジで一人の少年の遺体が見つかった。
    彼が最初で最後に残したテープ、その内容とは…。

    生きるということを、そして無慈悲な世界が、短く淡々とした言葉でつづられています。

    久しぶりに読み返して、胸にぐっと来ました…。
  • プルトニウムと半月
    とても好きです。

    昔、ある所の原子力発電所で事故があり、そこは立ち入り禁止区域となった。
    しかしそれでもそこで暮らす者もいる。
    そしてある日、もう一人の少年が…。
    何故ライフルの使い方を知っているのとか、どこから手に入れたのかとか、腑に落ちないところはありますが、そんなことはストーリが凄く良いので...続きを読む

特集