村田智明の一覧

「村田智明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/09/18更新

ユーザーレビュー

  • 問題解決に効く 「行為のデザイン」思考法
    いかに「利用する相手を思いやれるか」という哲学をビシビシ感じられる1冊。

    どういうことかというと、「デザイン」というのは手段でしかないということ。

    相手がどう思うか、どうやったら心地よく使ってもらえるか、それらを解決する手段が「デザイン」である。

    昔はブランド価値や見た目だけで商品は売れていた...続きを読む
  • 問題解決に効く 「行為のデザイン」思考法
    私たちが生活をするうえにおいて、さまざまな”バグ”が存在する。
    例えば、エレベーターの開閉ボタンの解り辛さ、上へ行くのか下へ行くのか分からないエスカレーター、テイクアウトの飲み物を注文したけれど両手がふさがって財布が出せない・・など行為を妨げることは”バグ”であり、それを解決するためには、”想像体験...続きを読む
  • 問題解決に効く 「行為のデザイン」思考法
    デザイン思考に興味を持ち、読んでみた本。プロダクトデザインについて、ただの見た目上のデザイン、ではなく、目的などに応じてコンセプトからデザインすることの大切さを理解させてくれる。例もかなり多くて、理解が促進されてとても読みやすい。
    やっぱ人の行動に沿ったデザインって大事だよね。説明しなくても、書かな...続きを読む
  • 問題解決に効く 「行為のデザイン」思考法
    デザインするとは、プランニングして・可視化して・告知すること。
    言い換えると、問題を明確にして、解決する方向性を見えるようにして、しかもわかりやすく伝えること。
    そもそも論を駆使して問題を発見して定義して、コンセプトをつくって、設計すること。

    問題を気づく、言い換えると「バグ」を見つけるには想像力...続きを読む
  • 問題解決に効く 「行為のデザイン」思考法
    プロダクトをデザインする際に、そこにある課題は、デザイナーのみで解決することではなく、すべてのセクションをまたがってデザインするべきだと。ユーザーの行為を妨げるものは、いろいろあると。例として、電車の切符の自動販売機が挙げられている。海外は、販売機の表示にある行き先の駅名を押せばいいが、日本では料金...続きを読む