「多賀敏行」おすすめ作品一覧

【多賀敏行】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/07/27更新

ユーザーレビュー

  • 「エコノミック・アニマル」は褒め言葉だった―誤解と誤訳の近現代史―
    小泉政権時代、某省の官僚が「全面的民営化」とすべきところを「全面的に民営化」という文言にしたことで意に沿う法案を作ることに成功したという話をどこかで聞いたことがある。

    本書でも同じように、単数形と複数形の違いといった細かな表現の違いで歴史が動いた、あるいは動きかけたケースについて、丁寧に原典をひき...続きを読む
  • 「エコノミック・アニマル」は褒め言葉だった―誤解と誤訳の近現代史―
    さすが元?外交官英語の表現は、ちょっとしたことで全く意味が違ってくるんですね。こういった微妙な違いが、勘違いを生むということが、面白かったです。
  • 「エコノミック・アニマル」は褒め言葉だった―誤解と誤訳の近現代史―
    へぇーっ、っていうことが沢山あり読んで損はないと思います。著者は(元?)外交官なので、英語には精通されているはずですが、その著者にしても「英語は難しい」と言わしめています。名詞の countable, uncountable、冠詞、英語と米語の違い、王室英語など話題も多彩で、かつ読みやすい。英語勉強...続きを読む
  • 「エコノミック・アニマル」は褒め言葉だった―誤解と誤訳の近現代史―
    私もしっかり翻訳せねば!

    翻訳者(ときには読者)の性格や心理から思わぬ誤訳が生まれてしまう事を指摘している。日本では、マッカーサーの「日本人は12歳」発言を筆頭に、外国人の日本に対する発言を悪く誤訳する。その背景には日本人の国際社会での自分の立ち位置に関する自信のなさ、コンプレックスが表れている。...続きを読む
  • 「エコノミック・アニマル」は褒め言葉だった―誤解と誤訳の近現代史―
    [ 内容 ]
    マッカーサーの「日本人は十二歳の少年」という発言や、「エコノミック・アニマル」「ウサギ小屋」といった言葉は、日本人をネガティブに評する際に使われる決まり文句である。
    しかし、実はこれらの言葉に批判的な意味はなかった。
    日米開戦のきっかけになった誤訳、ダイアナ妃の招いた誤解、世界には通じ...続きを読む