「エコノミック・アニマル」は褒め言葉だった―誤解と誤訳の近現代史―

「エコノミック・アニマル」は褒め言葉だった―誤解と誤訳の近現代史―

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

マッカーサーの「日本人は12歳の少年」という発言や、「エコノミック・アニマル」「ウサギ小屋」といった言葉は、日本人をネガティブに評する際に使われる決まり文句である。しかし、実はこれらの言葉に批判的な意味はなかった。日米開戦のきっかけになった誤訳、ダイアナ妃の招いた誤解、世界には通じない「グローバル・スタンダード」の意味等、近現代史のさまざまな場面での誤解、誤訳を紹介する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
188ページ
電子版発売日
2012年07月27日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

「エコノミック・アニマル」は褒め言葉だった―誤解と誤訳の近現代史― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年05月06日

    小泉政権時代、某省の官僚が「全面的民営化」とすべきところを「全面的に民営化」という文言にしたことで意に沿う法案を作ることに成功したという話をどこかで聞いたことがある。

    本書でも同じように、単数形と複数形の違いといった細かな表現の違いで歴史が動いた、あるいは動きかけたケースについて、丁寧に原典をひき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月20日

    さすが元?外交官英語の表現は、ちょっとしたことで全く意味が違ってくるんですね。こういった微妙な違いが、勘違いを生むということが、面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月28日

    へぇーっ、っていうことが沢山あり読んで損はないと思います。著者は(元?)外交官なので、英語には精通されているはずですが、その著者にしても「英語は難しい」と言わしめています。名詞の countable, uncountable、冠詞、英語と米語の違い、王室英語など話題も多彩で、かつ読みやすい。英語勉強...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月07日

    私もしっかり翻訳せねば!

    翻訳者(ときには読者)の性格や心理から思わぬ誤訳が生まれてしまう事を指摘している。日本では、マッカーサーの「日本人は12歳」発言を筆頭に、外国人の日本に対する発言を悪く誤訳する。その背景には日本人の国際社会での自分の立ち位置に関する自信のなさ、コンプレックスが表れている。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月21日

    [ 内容 ]
    マッカーサーの「日本人は十二歳の少年」という発言や、「エコノミック・アニマル」「ウサギ小屋」といった言葉は、日本人をネガティブに評する際に使われる決まり文句である。
    しかし、実はこれらの言葉に批判的な意味はなかった。
    日米開戦のきっかけになった誤訳、ダイアナ妃の招いた誤解、世界には通じ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月19日

    英語の知識がある程度ないと難解な本。
    世界しに残る重要な事件が、翻訳の誤解によるものがこんなにたくさんあることを知り、面白く感じると同時に少し怖くもあった。

    タイトルにあった「エコノミックアニマル」が実は褒め言葉だったことについては筆者の想像の域を出ていないのが残念だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    褒めてもらった言葉なのに誤訳され批判的な意味の言葉として定着しやがて一人歩きして別の地域にも伝わることになります。こうなってしまうと訂正するのが難しくなりいつまでも間違った意味として使われてしまいます。
    そう考えると翻訳し情報発信をした人の責任は大きいです。誤訳されたため批判的意味となってしまった言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月23日

    英語の誤訳についていろいろと書いてある。日本人の評価について自虐的にならずに公正に評価すべきだとしている。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング