小林忍の一覧

「小林忍」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/09/29更新

ユーザーレビュー

  • 昭和天皇 最後の侍従日記
    昭和天皇に15年にわたり仕え、昭和天皇崩御後は香淳皇后に仕えた侍従の日記。

    侍従日記というと古い言葉遣いで書かれていて読むのも難しいのかな、と思っていたが、「文意を損ねない範囲で適宜略し」、「句読点の不明瞭な箇所は、文意に沿って整理し」、「読みやすさを考慮して、適宜改行」などされているので、難しい...続きを読む
  • 「経営の定石」の失敗学 傾く企業の驚くべき共通点
    日銀やメーカーでの経験の後コンサルティング業の経験も豊富な著者がモチベーションや選択と集中といった経営判断における定石について自身の経験から成功と失敗の明暗を分けるポイントを書いた一冊。

    経営において定石と言われる10の項目について架空の会社や著者の経験などをもとに失敗の要因が書かれており大変勉強...続きを読む
  • 「経営の定石」の失敗学 傾く企業の驚くべき共通点
    現場の人間は、必ず一度は正しい情報を上(本社)に話し、怒られる。その上で、立場を守るためやむを得ない場合に限り、魂を売るとのアドバイスがリアリティがある。上からのプレッシャーが強い場合、現場の人間は正しい情報を上にあげられないものである。
  • 「経営の定石」の失敗学 傾く企業の驚くべき共通点
    よく言われる定石を生兵法で使うな、という話。まじめなリーマンであれば、ウンウンと頷けるような話ばかりなので、読みやすい。しかし得られる教訓としては、「よく考えてやれ」に尽きているので、具体的にどう役に立つのか・・・。
  • 航空機事故に学ぶ 危険学の視点
    以前、ジャンボジェットが問題があってどうのこうのという時に話に出た本を今更読んでみた。
    航空機事故の観点から、社会に潜む危険を論じる『危険学』というものについて書かれたもの。
    航空機のみならず、3.11後の原発の話なども含んでいる。

    メインは航空機事故なので、御巣鷹山など、非常に痛ましい事故の紹介...続きを読む