富島健夫の一覧

「富島健夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/02/22更新

ユーザーレビュー

  • クラシック リバイバル 女人追憶7

    懐かしい作品です❗

    雑誌に連載されていたときからのファンです!
    次から次へと素敵な女性が現れる夢のような展開に引き込まれてしまいます
    次週の発売を今か今かと待っていたのが、青春の思い出です!
  • 青春劇場 自選青春小説10
    中学1年の時、残りページが減っていくのが惜しいと感じながら読みふけった。
    固定の主人公がおらず、違った悩みを抱える個性豊かなクラスメイト達それぞれの日記として話が進められていくため、違う価値観・感じ方を一度に味わえる。思春期に読むべき本。
  • 二年二組の勇者たち 自選青春小説9
    「女人追憶」が代表作の富島健夫自選青春小説9、高校に存在する不良達を一クラスにまとめてしまえと言う、あだ名が日の丸校長の一声で、生まれたくせ者ぞろいの巣窟二年二組。そこには人を笑わせることが生きがいのピエロの三平、暴れん坊の国原新次、プレイボーイの佐々木、天才はだのギャンブラーの由弘、いつもイライラ...続きを読む
  • 女の夜の声
    短編16編を収録しています。

    表題作の「女の夜の声」は、隣の部屋から女の悶える声が聞こえてくるにもかかわらず、隣の部屋の妻は最近実家に帰っていることがわかり、やがてその部屋で猟奇的な殺人事件が起こっていたことが判明するという、ブラック・ユーモアの利いた小品です。

    著者らしい、男女の性愛を比較的ラ...続きを読む
  • 夏の情熱
    14歳で旧制中学に進学した赤井兵助は、同い年で郵便局に就職した菊田次郎が、局長の妻にみちびかれて一足先に初体験を果たしたと聞き、女性へのあこがれを募らせます。さらに彦六という老人が、若い頃にナメという12歳の少女から思慕を寄せられたという話を聞くことになります。そんな彼が、27歳で未亡人の小林ミキや...続きを読む