「先崎学」おすすめ作品一覧

「先崎学」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/07/13更新

ユーザーレビュー

  • うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間

    勇気あるエッセイ

    小生は田舎で開業医をしている1将棋ファンです。
    将棋ファンなら誰でも知っていることですが、先崎九段は明るく、聡明で、将棋の解説も非常に面白く、うつ病とは無縁と思われる人柄です。彼がどのようにうつ病になり、病状が悪化し入院、その後ほんの少しずつ回復していく過程が、飾らない言葉で書かれています。読んで...続きを読む
  • 小博打のススメ
    先崎さんの本はどれも面白い。将棋の内容は知らないが、文章は読み易い。
    日本のあこぎな公的ギャンブルを軽く批判し、仲間内で楽しめるちょっとした「博打」の紹介。
    これがとても面白そう。
    ある意味、とても危ない本なのだが、やってみたくなる。
  • 小博打のススメ
    [ 内容 ]
    ゲームに少しだけ何かを賭ける、それだけで勝負事は何十倍も白熱するもの。
    天才棋士と称される一方で、中学生の頃から“小博打”に親しみ、負けることがなかったという著者。
    その達人が、実体験を基に賭け事の妙味を教えます―。
    麻雀は、その奥深さから上達の極意まで、簡単に異次元空間にはまれるチン...続きを読む
  • スーパー将棋講座 右四間飛車戦法
     対四間飛車としての右四間飛車の解説。ただし、四間飛車がすべて△54銀型の場合に限定されています。
     私としては△43銀の場合も扱ってほしいところです。というのも、四間側にも△43銀での待機策から居角や△35歩突きなど対策も多いという実情があるので、有段者同士で右四間を使うにも、この本の内容だけでは...続きを読む
  • 小博打のススメ
     ゲームに少しだけ何かを賭ける。
     それだけで勝負事は何十倍にも白熱するもの。

     博打に人生を捧げるわけでなく、ささやかな小博打を大人の嗜みと位置づける本書。
     博打の王道である麻雀からトランプ、花札、サイコロ。
     名前は聞いたことがあるけど中身は知らない手本引き。
     幾つかの博打の種類と、知って...続きを読む