先崎学の一覧

「先崎学」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

作品一覧

2020/07/08更新

ユーザーレビュー

  • うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間
    コロナ禍を機に将棋観戦にはまり関連本を読み始める。これはドラマ化されると聞いて読み始めたが、とても読み応えがありあっという間に読めた。
    登場する棋士がわかる!というのは内容に入り込めるポイントだが、何よりうつ病の症状や本人の思考や感情の揺れ動く様がとても分かりやすく書かれていて、うつ病について理解す...続きを読む
  • うつ病九段
    マンガですらすら読みやすい。実際にうつ病になった人がうつ病と闘ってる自分について書いた本を読んだことがない上に、それがプロ棋士なのだから興味をそそられあっという間に読み終わった。面白かったし、自分がもしうつ病になったらどうなるんだろうかとか、周りにうつ病の人がいたらどう接すべきなのかとかのヒントが満...続きを読む
  • うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間
    やっと読み終えました。

    鬱になった体験談は
    本の中に書いてたけれど
    確かに生々しい体験談ってないなと。

    鬱になる前から回復のリハビリを兼ねて
    描き始めた鬱の体験談の回復期にかけての
    歴史は、私達が想像を絶する想いが文書に
    滲み出ていた。

    鬱病と言われて、よく聞くようになってきたけれど
    鬱=精神...続きを読む
  • 将棋指しの腹のうち
    先崎学九段、「うつ」からは完全に復活されたようですね! 17歳で四段、A級在位2期、羽生世代の一人ですが、今は、文筆業の方が盛んかもしれませんw。「将棋指しの腹のうち」(2020.1)、とても面白かったです。著者のエッセイ、たくさん読みましたが、一番の面白さと思います。将棋会館の近くの食事処、酒飲み...続きを読む
  • うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間

    鬱の体験記

    ご本人の鬱発症から解放に向かう迄の貴重な話しは、
    もしかしたら、私達が鬱を発症した時にこれのことだなぁと思える程深く感心しました。