「福田秀人」おすすめ作品一覧

「福田秀人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:福田秀人(フクダヒデト)

慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程修了。著作に『リーダーになる人のランチェスター戦略入門』などがある。

作品一覧

2012/06/08更新

ユーザーレビュー

  • ランチェスター思考II 直観的「問題解決」のフレームワーク
    意思決定について、とくに軍隊の意思決定プロセスを学びたく、読んだ。
    参考になる部分とならない部分の差が激しいが、参考になる部分のほうが圧倒的に多かった。
    旧来のKKDの意思決定も短時間で状況が変化する場合には必要であること、それを的確なものにするためには経験と普段から多様な情報ソースの確保する必要で...続きを読む
  • リーダーになる人の「ランチェスター戦略」入門 プロフェッショナルの「思考と行動」の原則
    内容がとても濃いです。ポーターの経営戦略を否定するような内容が目立ちましたが、とてもわかりやすく書かれていました。

    交渉やビジネスにおいて、取り引き先との関係は如何にコストを下げていくかという視点で戦ってきましたが(もちろんwin-winな関係というのは大前提にありますが)、少し考えさせられる1...続きを読む
  • リーダーになる人の「ランチェスター戦略」入門 プロフェッショナルの「思考と行動」の原則
    入門と書いてあれますが、入門書ではありません。読み応えがあります。ですが、ランチェスター戦略についての内容は面白いので是非お勧めしたい一冊です。できればほかの入門書で概略を知ってから読むとよいと思います。
  • ランチェスター思考II 直観的「問題解決」のフレームワーク
    本書は、上巻の「ランチェスター思考―競争戦略の基礎」の内容を土台に、戦略の構築、計画の策定、戦術の考案から、実際にそれらを実行中の場面の話までを、それぞれの「意思決定」についての説明を中心にして構成されています。

    また、「現場リーダーの意思決定(=直感的意思決定)」と「上級リーダーの意思決定(=直...続きを読む
  • ランチェスター思考 競争戦略の基礎
    「1対1」の戦闘において用いられることを想定した「ランチェスターの法則(定式)」を土台に、その法則を「1対複数(=現代ビジネス)」の場合に用いるために応用された理論を体系的に説明している書です。

    ついつい忘れがちな、しかし最も大切な、「戦略とは何ぞや?」などといった「基本的なこと」についても記され...続きを読む