朱戸アオの一覧

「朱戸アオ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/05/11更新

ユーザーレビュー

  • リウーを待ちながら(1)
    面白い。

    コロナ禍の今、これが絵空事ではなかったと思い知らされる。

    題材は肺ペスト、そこに多剤耐性のサルモネラが加わりまさに感染症の煉獄の始まりを予感させる。
    主人公の玉木はいち早く異変に気づき対応しているが感染症の勢いはそれを遥かに超えるものだった。


    疫研の原神の飄々とした口調と玉木の圧倒...続きを読む
  • インハンド(1)

    ウィルスを使ったバイオテロ

    優秀な研究者が事件の謎を解いていく話。最初の話は天然痘に似たウィルスを使ったバイオテロの話で、コロナウィルスで感染症への関心が高まっている今、興味深く読める話だと思う。しっかりした内容だと思う。次のドーピングの話もとても面白そう。主人公の強気のキャラも魅力的。
  • リウーを待ちながら(3)
    静岡県の市内で感染症が発生し、その感染症に翻弄られる人々と、街の様子を描いた漫画。カミュの『ペスト』を参考にしているようで、2018年に発行した漫画だけれども、コロナが発生している現在と、なんら変わらない世界を描き切っていました。

    個人的にこの漫画で興味深かったのは、感染症が確認されると早々に、新...続きを読む
  • リウーを待ちながら(1)

    コロナ

    三年前に出版された本。ある日突然致死率の高い肺ペストが日本に持ち込まれた。空気感染し、次々と人が死んでいく。肺ペスト菌とコロナウイルスの違いはあるが、本の中で起こっていることは今世界中で起こっていることに類似していて興味深い。
  • リウーを待ちながら(2)
    発売当初は話題に上らなかったのですが(私は大好きだったのですが)昨今の情勢下の中、書籍版の購入が困難になってしまいました。
    事態はさらに深刻となり、タルバガン由来のペストはどんどん拡大し人々を窮地に陥れてゆきます。
    そして疫研原神の画策によりついに緊急事態宣言が......。
    絶望の中で必死に...続きを読む