園子温の一覧

「園子温」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2018/05/30更新

ユーザーレビュー

  • 別冊NHK100分de名著 わたしたちの手塚治虫
    NHKEテレの放送内容を振り返りたくて読んでみたけど、各著者の論が放送よりも掘り下げられた内容になっていて読んで良かった。手塚治虫が日本のマンガに与えた影響を、物語構造論、表現技術論、ジェンダー論、宗教論の切り口でコンパクトにまとめられている。手塚治虫は驚くほどの質を伴った量の作品を残している作家な...続きを読む
  • 獣でなぜ悪い
    知らぬ間に自分が作ってしまった殻を剥ぎ取るために、脱ぎ捨てるための言葉、そして思考と行動。
    今までの園さんのエッセイとダブル箇所も少しあるが、全体的には「女性論」であり「自由」についてのものになっている。
  • 自殺サークル 完全版
    同名映画を発展させた小説で『紀子の食卓』の原型になるという位置関係が少しややこしい小説。そういったことは関係なく、テンポが良く読みやすい。小説家としても園子温はすごいと言っていいと思う。ひとつの小説として成立している。映画を観てないけれど、これ単体でも十分成立している。新しさをまとった鋭い小説として...続きを読む
  • 毛深い闇
    文学を内側から食い破る破壊力がこの作品にはある。本当の意味での正統の脅威というのはこういう作品なのだと思う。一気に読んだ。読み終わったあとの呆然とした感じはどう書いていいかわからない。ただ、またきっと一気に読みたくなる。そういう作品だった。
  • 怪獣文藝の逆襲
     怪獣映画はガチのリアリズムがないとだめだ。非現実としかいいようのない怪獣を召喚するにはまわりからリアルに固めていかねばならない。某ゴジラ映画には夢オチのが一本あって子供心にもあれは腹が立ったな。しかしまた、映画においてはとにもかくにも怪獣が出てきて、それが「絵」としてよくできていたら、放射能で巨大...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!