獣でなぜ悪い

獣でなぜ悪い

作者名 :
通常価格 1,018円 (926円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

女は未来しか見ていない自由な獣だ――
吉高由里子、満島ひかり、二階堂ふみ……
彼女たちはなぜ壁を突破できたのか?

・日本社会に蔓延する「透明な檻」を打ち破れ
・セックスにこそ、その人の自由(=インテリジェンス)があらわれる
・映画なんて観なくていい、古典を読め
・仕事の中身と生き方で輝く「アデル力」とは?

リドリー・スコットからシモーヌ・ヴェイユまで――縦横無尽に語り尽くす、園子温監督初のR‐18な自由論、ついに解禁!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
176ページ
電子版発売日
2018年05月30日
紙の本の発売
2018年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

獣でなぜ悪い のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年02月04日

    映画論的あり、人生観あり、てんこ盛りな内容で筆者の作品に感銘を受けた人なら面白く読める内容。
    でも、最も多く熱く書かれてるのは女性観で、そこから出る男性論にも共感を覚えました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年05月19日

    知らぬ間に自分が作ってしまった殻を剥ぎ取るために、脱ぎ捨てるための言葉、そして思考と行動。
    今までの園さんのエッセイとダブル箇所も少しあるが、全体的には「女性論」であり「自由」についてのものになっている。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています