高橋繁行の一覧

「高橋繁行」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/02/17更新

ユーザーレビュー

  • 土葬の村
    本書が発売される以前、WEBで公開されていた著者の記事がとても印象的で、書籍化されたと知ったときは嬉しかったです。この記事をきっかけに、知人の実家で土葬が行われていたことや、土葬の村ならではのお墓参りのエピソードを聞くことができました。日本の、しかもとても身近なところで土葬の風習が残っていたとは想像...続きを読む
  • 土葬の村
    一章では奈良などに残る土葬の風習について、2章はほぼ消滅した野焼きの風習について、3章では風葬など沖縄諸島における葬送の風習について、最後の4章は土葬や野焼きにまつわる怪談や奇談をまとめたもの。
    まず、現代、しかも近畿地方に土葬の風習が残っていたことに驚く(とはいえ風前の灯火という感じみたいだが)。...続きを読む
  • 土葬の村
    現代の葬送の99%は火葬。しかし、火葬が主流になったのは明治以降。もっといえば、終戦以降と、ごく最近。

    本書がテーマにしている土葬は、最近まで(といっても、半世紀ほど前まで)普通に行われていて、現在でも、ごくわずかではあるが、土葬の風習があるという。

    もちろん、憲法や法律でも、土葬は禁じられてい...続きを読む
  • 土葬の村
    土葬と聞くと、昔の葬儀方法という印象があった。そして、怪談という印象も。
    しかし、棺桶の寸法や死者をどの方向に向かせて弔うのかなど、人を送るための最期の儀式なのだとひしひしと感じた。
  • 土葬の村
    ベースは民俗学だけど、終活に興味がある人が読んでも面白い。現代の視点から語られているので、単なる昔ばなしではなくどのように今にいたるのか、今、葬式や埋葬方法についてどう考えるかというヒントを投げかけているように感じた。民俗学は今をいかに生きるかという学問なんだというわかりやすい例かも。

    印象に残っ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!