山本容子の作品一覧

「山本容子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

文藝春秋2024年3月号
NEW
1200円(税込)

作品一覧

2024/02/09更新

ユーザーレビュー

  • パリ散歩画帖
    アパルトマンに滞在して旅をするって理想。
    でもやっぱりそれなりのものがないとね・・・
    こういった本を読んで夢気分に浸る。
  • つづきの図書館
    本の中の登場人物が、読んでくれた人のつづきが気になると言って、抜け出てきちゃうお話。主人公は40代の司書桃さん。

    この本の表紙が赤いのも、意味があってのことなんですよね。

    桃さんが四方山市に戻ってきたのも、赤い本を手にすることになったのも、杏おばさんとの会話ひとつひとつも、細かなことすべてに意味...続きを読む
  • つづきの図書館
    この真っ赤な表紙と装丁にも意味があるの。
    読み終えてから気づいて、ぐっときたなあ。

    わたしたちは「本の続き」が気になるけれど
    本の中の登場人物も、「本を読んでいる人の人生の続き」が知りたくなって、本の中から飛び出してきてしまう…というところから、はじまるストーリー。

    物語の冒頭で、
    本の中からは...続きを読む
  • つづきの図書館
    主人公は司書さん。裸の王様、瓜子姫の天邪鬼…絵本を読んでくれた子供たちの続きが気になる登場人物たちが出てきてしまい…、
    今まで私が読んだ絵本の登場人物も気にしてくれたら嬉しい。
    悲しいとき、寂しいときに本当に出てきてくれたらいいのに。
  • つづきの図書館
    親権争いから家出まで、思ってたより濃い背景事情。あと、司書資格欲しい。
    読み終わった本に入っていたのに、読んだ記憶がなかったので、再読。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!