「桜井智恵子」おすすめ作品一覧

「桜井智恵子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/04/20更新

ユーザーレビュー

  • 子どもの声を社会へ 子どもオンブズの挑戦
    前半は「子どもの人権オンブズパーソン」の役割と事例紹介。後半は背景にある能力主義・競争主義社会に対する批判と、社会への提案。

    誰かを責めるのではなく、人間関係へのはたらきかけを通して、子どもの悩みを解いていくきっかけをつくる「調整」と、枠組みにはたらきかける「調査」の2要素を強調して説明している。...続きを読む
  • 子どもの声を社会へ 子どもオンブズの挑戦
     兵庫の川西市のオンブズパーソンで教育担当となった著者の話である。社会の「減速」と能力の共同性という意見には同感されるものがある。教育現場としてオンブズパーソンが必要であるということが強く感じられる本である。
  • 子どもの声を社会へ 子どもオンブズの挑戦
    川西市の子どもオンブズパーソンにいる著者による、受けた相談とその解決に至る道筋を元にした、社会に対する変革のススメ。
    子どもの気持ちが大人に受け止められていないことが、相談に来る子どもたちの実感にある。子どもと大人の間にコミュニケーションを成立させることをオンブズパーソンが陰から日向から支える。
    ...続きを読む
  • 子どもの声を社会へ 子どもオンブズの挑戦
    問題を抱える子どもたちは、誰もが大人に話を聞いてもらいたがっている。保護者にもそれぞれの悩みがある。
    そんな人たちの話を聞いて、必ずしも解決に導くことを目的とするのではなく、少しでも事態を「ましにする」のがオンブズパーソンの仕事である。少しきっかけを与えれば、自分で解決まで持っていく力が子どもたちに...続きを読む
  • 子どもの声を社会へ 子どもオンブズの挑戦
    「子どもの声を聞き、対話を重ね、関係性に働きかけ、子どもの傍らに立つ」子どもオンブズパーソンについて紹介されている一冊です。

    ソーシャルワーカーとしては、同意できる部分が多くあり、また、すぐにでも仕事に取り入れたい部分も多くありました。

    唯一、学力保障に関する部分だけが同意しきれなかったです。
    ...続きを読む