【感想・ネタバレ】子どもの声を社会へ 子どもオンブズの挑戦のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2019年09月21日

教員を始め教育や子どもに関わる仕事をしている全員にとっての必読書。

能力をわかちもつ
社会の問題構築を知る
エンパワメントとはゆるめること

子どもに真の意味で向き合うために大切なことが、この1冊に散りばめられている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年05月31日

前半は「子どもの人権オンブズパーソン」の役割と事例紹介。後半は背景にある能力主義・競争主義社会に対する批判と、社会への提案。

誰かを責めるのではなく、人間関係へのはたらきかけを通して、子どもの悩みを解いていくきっかけをつくる「調整」と、枠組みにはたらきかける「調査」の2要素を強調して説明している。...続きを読む
子どもの最善の利益を考えていく姿勢には感銘を受けたし、マクロ経済からの論理分析も交えており読み応えがあった。

教職寄りの執筆かと思いきや、そうでもない。教養本としてもオススメ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年05月31日

 兵庫の川西市のオンブズパーソンで教育担当となった著者の話である。社会の「減速」と能力の共同性という意見には同感されるものがある。教育現場としてオンブズパーソンが必要であるということが強く感じられる本である。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月31日

自分とは相いれない思想の本をこれほどしっかり読めたことはない。私は教育はもっと個の能力の開発に焦点を絞るべきだと思っているし、成長を希求することが社会全体の活力につながると信じている。

でもこの数十年日本にはびこるおかしな「自己責任論」と「個人主義」には強い違和感を覚えている。

この本はまったく...続きを読む違うアプローチではあるが、同じ問題点をとらえ、個々の事例で具体的に説得してくる。

この本の主張に簡単には同意できないが、対立項として読むべき価値のある本だ。

********
現在の社会的な価値観でもって「排除」され、力を奪われたまま、社会保障で「包摂」される。その包摂に「自立支援」という発想が色濃くなってきたのだ。「排除されてから包摂する」という現在の社会保障のあり方をとう作業が、私たちの課題として明確になってきた。

スタートラインが一直線だということが前提の「機会の平等」は、個人の努力だけで人生の課題を乗り越えようという考え方であり、それは個の発達重視の近代教育思想の限界でもある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月21日

川西市の子どもオンブズパーソンにいる著者による、受けた相談とその解決に至る道筋を元にした、社会に対する変革のススメ。
子どもの気持ちが大人に受け止められていないことが、相談に来る子どもたちの実感にある。子どもと大人の間にコミュニケーションを成立させることをオンブズパーソンが陰から日向から支える。
...続きを読むぜ、子どもの気持ちに向き合う時間や心の余裕が持てないのか。相談から直接示された実態や社会理論から示す。
関係性の中で自らの力を発揮できるようになることで、「能力」を示すことができる。その関係性がなければ、その人の力を測ることはできないそうだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年02月21日

問題を抱える子どもたちは、誰もが大人に話を聞いてもらいたがっている。保護者にもそれぞれの悩みがある。
そんな人たちの話を聞いて、必ずしも解決に導くことを目的とするのではなく、少しでも事態を「ましにする」のがオンブズパーソンの仕事である。少しきっかけを与えれば、自分で解決まで持っていく力が子どもたちに...続きを読むは備わっているという考えがあるからだ。
川西市オンブズパーソンの代表を務める筆者が実際に相談を受けた内容とその対処法を中心に、決して力の強くない子どもたちの声を読者に伝えようという試みが見られる一冊だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月10日

「子どもの声を聞き、対話を重ね、関係性に働きかけ、子どもの傍らに立つ」子どもオンブズパーソンについて紹介されている一冊です。

ソーシャルワーカーとしては、同意できる部分が多くあり、また、すぐにでも仕事に取り入れたい部分も多くありました。

唯一、学力保障に関する部分だけが同意しきれなかったです。
...続きを読む私の読み込み不足かもしれないのですが。。
私は学力保障の重要性をとても強く感じています。
学力がほとんど身についていない、、、日常の読み書きでさえ厳しく、おそらくそのことによって生きづらさが増している子どもと出会うことがあるので、、生きていくために最低限の学力保障は必要だと、私自身は考えています。
そして、義務教育期間の子どもであれば、学力保障を担うのは学校が中心になるのではないかと思います。(家庭のサポート力のあるところでは、この課題は生じてこないと考えられるので。)

おそらく地域性のこともあり、本書で取り上げられている「子ども」像と、私がイメージしている「子ども」像が違っているのではないかと思います。

子どもを「子ども」として論じることの難しさに気付かされました。

そういうことも含めて、とても学びの多い一冊でした。
子どもに関わる仕事をされている方にはおすすめの一冊です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月20日

最初の方はたどたどしく、あまりおもしろくなかったが、後半から終章にかけては、独自の意見もあり、気づかされる点も多かった。
「学力保障」を再考しなければならないことがよくわかった。

このレビューは参考になりましたか?

「社会・政治」ランキング