「溝上憲文」おすすめ作品一覧

「溝上憲文」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:溝上憲文(ミゾウエノリフミ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1958年
  • 出身地:日本 / 鹿児島県
  • 職業:ジャーナリスト

明治大学政治経済学部政治学科卒。著書に『辞めたくても、辞められない! 』、『マタニティハラスメント』などがある。

作品一覧

2015/12/24更新

ユーザーレビュー

  • 非情の常時リストラ
    読んでみると意外といろいろな業種、会社の人事評価の仕組みが書かれていて面白かった。

    最近よく聞く、追い出し部屋、パワハラ退職強要といったことばかりが書かれているような内容ではなく、一流企業の幹部社員の育成、社内の新陳代謝を促す仕組み、評価される社員の特徴・・など企業を取り巻く人事制度について一通り...続きを読む
  • 非情の常時リストラ
    不景気になり、成果主義の導入と共にリストラが当たり前になっている、主に国内の上場企業をターゲットに絞った一冊。

    この手の本はどちらかというと労働者側の立場で書かれることが多いが、この本は一貫して企業側の論理で書かれている。
    自分もその対象の一人として、他人事ではないと痛感した。
  • 非情の常時リストラ
    リストラの対象になる社員として、C評価D評価の社員だけではなく、不採算部門に在籍していただけで、B評価を受けているごく普通の社員でさえリストラの対象になる。非情なことである。安部政権になり解雇規制をなくすと言っているが、このように社員の能力を正当に評価していない企業が多いとするならば、40代以上はよ...続きを読む
  • 年金は60歳からもらえ~繰り上げ受給は、デフレ時代の賢い選択~
    年金宅急便が何度かきましたが、私の世代の年金支給は65歳からということになっています。その一方で現在勤務している会社の定年は60歳なので、年金支給が開始されるまでの5年間をどう過ごすかが重要です。

    そんな私にとって、この本のタイトルにあるように「年金は60歳から貰う」ことが、65歳まで待つのに比べ...続きを読む

特集