非情の常時リストラ

非情の常時リストラ

作者名 :
通常価格 838円 (762円+税)
紙の本 [参考] 847円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

人事のプロが教えるリストラ新基準。非管理職40代社員が狙われる! 同期入社でも500万円の年収差!

「慎重に検討しましたが、社内にあなたの経験と能力を十分に活用できる場がなくなっています」。これが、リストラ担当マニュアルに書かれている最後の決めゼリフ。では、どのような人がリストラ候補に挙がるのか? 評価の基準は? 給与との関係は? ここ数年間で極めてドライになった会社と社員の関係。社員を厳しく選別する新しい基準が次々に導入されている。会社はあなたをどうしようとしているのか? 人事のプロが教えます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
電子版発売日
2013年07月05日
紙の本の発売
2013年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

非情の常時リストラ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年06月16日

    読んでみると意外といろいろな業種、会社の人事評価の仕組みが書かれていて面白かった。

    最近よく聞く、追い出し部屋、パワハラ退職強要といったことばかりが書かれているような内容ではなく、一流企業の幹部社員の育成、社内の新陳代謝を促す仕組み、評価される社員の特徴・・など企業を取り巻く人事制度について一通り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月08日

    不景気になり、成果主義の導入と共にリストラが当たり前になっている、主に国内の上場企業をターゲットに絞った一冊。

    この手の本はどちらかというと労働者側の立場で書かれることが多いが、この本は一貫して企業側の論理で書かれている。
    自分もその対象の一人として、他人事ではないと痛感した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月26日

    リストラの対象になる社員として、C評価D評価の社員だけではなく、不採算部門に在籍していただけで、B評価を受けているごく普通の社員でさえリストラの対象になる。非情なことである。安部政権になり解雇規制をなくすと言っているが、このように社員の能力を正当に評価していない企業が多いとするならば、40代以上はよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています