「増田弘」おすすめ作品一覧

「増田弘」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/17更新

ユーザーレビュー

  • 自衛隊の誕生 日本の再軍備とアメリカ
     日米の政治外交史、石橋湛山などの研究で知られる増田弘氏の著作。

     戦後の再軍備関係を研究しているなら、増田氏の"Rearmament of Japan"の史料集の名を知らない人はいないだろう。

     その増田氏が執筆した戦後の再軍備過程を描く著作なので、期待して読んだのだが、この新書あまり高く評価...続きを読む
  • 自衛隊の誕生 日本の再軍備とアメリカ
    [ 内容 ]
    一九五四年に自衛隊が生まれて五〇年が経過したが、警察予備隊の発足から陸海空の三自衛隊として陣容が整うまでには、さまざまな曲折があった。
    旧陸海軍将校をどう活用するかなど、アメリカの中でも意見の統一を計りがたいことが多く、日本政府との交渉も困難を極めた。
    本書は、ワシントンの公文書館で公...続きを読む
  • なぜ世界で紛争が無くならないのか
    ■本のタイトルからして,
     紛争が起こる「本質的な原因」について書かれていると
     思ったのだが,「アラブ対イスラエル」「アメリカ対イラク」
     「中国対台湾」等,個別具体的な紛争の解説であった。
    ■個別具体的な紛争事例から帰納して,
     本質的な原因を探ることもできなくはないが…。
    ■紛争原因として一般...続きを読む
  • 自衛隊の誕生 日本の再軍備とアメリカ
    敗戦後、GHQの占領期を経て陸海空自衛隊が設立される経緯をそれぞれ描く。内容が内容だけに仕方がないのかもしれないが、前提的に山場が無く淡々とした語り口である印象を受け、あまりのめり込めなかった。
  • なぜ世界で紛争が無くならないのか
    [ 内容 ]
    メディアではわからない「7大紛争」。
    「宗教対立」や「民族紛争」はあとづけだ!
    世界を揺るがす原因が丸わかり!
    各紛争の専門家が真の理由を炙り出す。

    [ 目次 ]
    第1章 「アラブ対イスラエル」―「民なき土地」の戦争と平和
    第2章 「アメリカvs.イラク紛争」―イラク戦争後の国内政治...続きを読む