「鎌谷悠希」おすすめ作品一覧

「鎌谷悠希」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鎌谷悠希(カマタニユウキ)
  • 性別:女性
  • 出身地:日本
  • 職業:マンガ家

2000年『華屋』でデビュー(釜谷 悠希名義)。『隠の王』、『リベラメンテ 鎌谷悠希短編集』、『少年ノート Days of Evanescence』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/07/19更新

ユーザーレビュー

  • しまなみ誰そ彼(1)
    少年ノート、隠の王の鎌谷さんのLGBTを題材にしたコミックス

    まず私は隠の王の時点当時、画力、表現力の高さに加えて強弱のハッキリした筆致や絵柄に衝撃を受けて大好きだったんだけど、つまり内容はさておき画面の説得力という点で誰でもすんなり没入できるんじゃないかと思う

    本作は性的少数者にスポットが充て...続きを読む
  • しまなみ誰そ彼(3)
    親切心から性的マイノリティの人を過度に気遣う人々と、それを鬱陶しく思う当人たち。ほっておいてもらいたい、無視してほしい、いないものとして扱ってほしい、という心の叫びが痛々しい。私はLGBTには当てはまらないけど、それでもその気持ちには共感できる。
  • しまなみ誰そ彼(1)
    自分のことなのだけれども、自分の中で消化するには時間がかかる。それはセクシュアリティだけの話ではないと思う。その繊細な感じがよく書かれていて、惹かれるものがあった。
  • しまなみ誰そ彼(3)

    読み続けるつもりです

    1巻では自分の苦しみにのみ没頭していたたすくが2巻以降少しずつ他者の痛みにも目を向けられるようになってきて、これからどういう風に成長していくのか見届けたいと思います。しかし椿くんって一体何なんだろうね。
  • しまなみ誰そ彼(2)
    二巻になって更に深いとこ突いてきた感じ。キュンキュンするけど痛い。思春期のキラキラや若さゆえの残酷さ、これは決してBLではない、LGBTという全く違う切り口でリアルを描いた傑作。美空の何者なのか分からないという葛藤とか、その美空の気持ちを誰よりも分かっていたつもりになっていたタスクとの感情のぶつけ合...続きを読む

特集