「オルダス・ハクスリー」おすすめ作品一覧

「オルダス・ハクスリー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/04/24更新

ユーザーレビュー

  • すばらしい新世界
    本書で描かれている世界はまさにすばらしい世界である。人々は現状に満足し、不満を感じることはない。大量消費、フリーセックス、ドラッグの溢れた世界で、「誰もがみんなのもの」が合い言葉になっている。厳格な身分制があるが、それすらも人々は当然のこととして受け入れるようになっている。T型フォードの発売以来、大...続きを読む
  • すばらしい新世界
    1900年代初めに書かれたものとは到底思えない、トンデモ物語。
    考えることを放棄し、あらゆることを知らずに済むことは幸福である。しかし、そこは楽園か否か。
    引用文の多用やパロディ的要素に富んだ文章、そして一見突拍子もないように感じられる設定が、ある種のコミカルさと不気味なリアリズムを生み出している。...続きを読む
  • すばらしい新世界
    2016/09/05-2016/09/07
    星5

    貴志祐介『新世界より』が好きだ、と言ったら友人に勧められたので読んだ。物語の構造が『新世界より』と同じ、というか、多分『新世界より』の元ネタだから、と言われた。

    実際読んでみると、ユートピアを建設しようとする者と、その"外側"の者、対立構造、生ま...続きを読む
  • すばらしい新世界
    題名がシェイクスピアから引用しているとは思っていなかった。というかこの物語を通してジョンはほとんどのセリフをシェイクスピアから引用している。しかしジョンが言う「すばらしい新世界」はとても皮肉に満ちていて、いかにもなディストピア小説だ。
    この新世界の人々の描くユートピアには家族がなく、人は生まれつき人...続きを読む
  • すばらしい新世界
    『幸せってなんだろう?』と考えさせられた一冊です。
    生活的な豊かさが幸せにつながるものではないのではないかと。。
    生活が豊かになるよう、より良い生活に向けて昼夜問わずひたすら仕事に邁進している私たち日本人。
    これだけあくせく働いて、果たして豊かさに近いているのだろうか??

    私は…否、ちっとも豊かに...続きを読む