オルダス・ハクスリーの一覧

「オルダス・ハクスリー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/04/24更新

ユーザーレビュー

  • すばらしい新世界
    「すばらしき新世界」
    ジョン
     野蛮人氏。
     青年になるまで、非文明地区で暮らしていたが、レーニナとバーナードの訪れを機会にロンドンへ向かうこととなった。
     文明人である母、リンダの影響で「すばらしき新世界」としての憧れを抱いていたが、実際には科学技術は発達しているものの、宗教も、文学も、科学も完全...続きを読む
  • すばらしい新世界
    規格化された人間の量産、幼児期条件付けによる価値観の操作、セックスとドラッグの無制限の配給等により、誰もが自ら考えることや我慢することを放棄し、幸福で不満のない快楽漬けの人生を送る未来社会を描いたSF小説。
    コンプレックス塗れの癖に自意識だけ高いツイッタラーみたいなマルクスや喋ることのほとんどがシェ...続きを読む
  • すばらしい新世界
    本書で描かれている世界はまさにすばらしい世界である。人々は現状に満足し、不満を感じることはない。大量消費、フリーセックス、ドラッグの溢れた世界で、「誰もがみんなのもの」が合い言葉になっている。厳格な身分制があるが、それすらも人々は当然のこととして受け入れるようになっている。T型フォードの発売以来、大...続きを読む
  • すばらしい新世界
    引用 頁三三四〜三三五 

    「“ 人は年をとる。それとともに自身のうちに根源的な衰弱と、倦怠感と、不快感を覚える。そうした感覚に襲われた者は、これは単に病気になっただけだと思いこむ。この苦しい状態には特定の原因があるのだと考えて不安をなだめ、病気のときと同じように治りたいと願う。むなしい思いこみだ!...続きを読む
  • すばらしい新世界
    2016/09/05-2016/09/07
    星5

    貴志祐介『新世界より』が好きだ、と言ったら友人に勧められたので読んだ。物語の構造が『新世界より』と同じ、というか、多分『新世界より』の元ネタだから、と言われた。

    実際読んでみると、ユートピアを建設しようとする者と、その"外側"の者、対立構造、生ま...続きを読む