木元寛明の一覧

「木元寛明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/10/04更新

ユーザーレビュー

  • 戦術の名著を読む
    クラウゼヴィッツの戦争論は知っておりましたが、ジョミニの戦争概論、日露戦争で活躍した秋山真之について改めて調べようと思いました。
    戦術を学ぶ、知ることになんの意味があるのかと思う方がいらっしゃると思いますが、好きな方にはハマると思います。
  • 戦術の本質 戦いには不変の原理・原則がある
    これを読んで、「よっしゃバチこい敵国!」なんて思わないですがね。昔のアメリカドラマであった朝起きたら、占領されてたからゲリラ活動で祖国解放やとも思わないですけど。

    敵と味方が双方、命を賭けて知謀の限りを尽くすって意味では、人間の歴史って似たようなこと繰り返してるんですよね。武器は、刀や槍から、ドロ...続きを読む
  • 戦術の本質 戦いには不変の原理・原則がある
    ちょうど戦術の知識がほしかったのでよかった。
    戦闘の要素を網羅的に簡潔に収めた一冊。
    見開きで説明とビジュアルが1Pずつさかれていて読みやすい。
    とっつきやすく、ざっくり概観をつかむにはよかった
  • 戦争と指揮
    指揮について、元陸将補が自らの経験や米陸軍、戦史から得られた教訓を書き記す。
    C2で括られる指揮と統制の違い、日本陸軍の行き過ぎた参謀のエリート化、米陸軍のMDMPと呼ばれる状況判断プロセス、上級司令部は計画策定に3分の1の時間で残りは指揮下部隊の持ち時間という3分の1ルール、指揮官の位置、リーダー...続きを読む
  • 戦車の戦う技術 マッハ5の徹甲弾が飛び交う戦場で生き残る
    戦車の歴史と兵器としての特性をわかりやすく解説します。

    一撃必中、先制攻撃しか勝つ手段がない。

    また、装備の差があればその時点で負け。つまり、戦場に出る前に勝負はついている。

    戦車には戦車、という常識を変えた一戦とは?

    興味深く読めました。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!