「坂上天陽」おすすめ作品一覧

「坂上天陽」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/07/27更新

異説 戦国志 桶狭間に死す
  • ブラウザ試し読み

小説 関ヶ原
  • ブラウザ試し読み

翔竜 政宗戦記
  • ブラウザ試し読み

新 天下布武
  • ブラウザ試し読み

戦国の覇者
  • ブラウザ試し読み

天正戴天録 政宗対信長
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 宿命の兄弟 徳川秀忠と結城秀康
    坂上氏の三作目。
    前作の小早川秀秋とはまた違う形で、関ヶ原合戦時の徳川秀忠と結城秀康兄弟に視点を当てている。
    徳川視点…殊に上田攻め方面における関ヶ原合戦というのは、なかなか読む機会がなく新鮮な気持ちで読めた。
    秀忠・秀康兄弟とは別に、真田信之の立場に対する苦悩も描かれており徳川・真田双方のこの一戦...続きを読む
  • 上杉謙信・景勝・直江兼続 軍神の系譜
    サブタイの部分は兼続じゃなくて景虎って思えるほどの出番がありました。
    景虎が切なくて、一生懸命で、好きになれます。
  • 小説 関ヶ原 小早川の策謀、家康の焦燥
    私が最も影響を受けた歴史小説。バイブル。
    関ヶ原合戦関連の小説は数多くあるが、主人公に小早川秀秋を据え且つ彼を智将と位置づけた小説はこれが初めてだった。松野主馬の存在感も相当なもの。
    関ヶ原合戦を引き起こしたのは石田三成でも徳川家康でもなく秀秋だったという展開。
    家康や諸将との駆け引き、誘い鉄砲か...続きを読む
  • 上杉謙信・景勝・直江兼続 軍神の系譜
    初めて読んだ坂上氏の本だが、上杉関連…しかも御舘の乱が中心ということで手に取ったのがきっかけ。
    織田信長と上杉謙信の幻の戦いといわれる手取川の戦いも坂上氏の独特な世界観によって描かれていて大変面白かった。
    上杉謙信のカリスマに引きつけられる家臣。
    そんな謙信を快く思わない上杉景勝像というのは、...続きを読む
  • 上杉謙信・景勝・直江兼続 軍神の系譜
    タイトルに名前あるけど、ここまで兼続が出張らない上杉御館モノは珍しい。
    景虎さまと景勝さまの関係が良かった。