坂上天陽のレビュー一覧

  • 宿命の兄弟 徳川秀忠と結城秀康
    坂上氏の三作目。
    前作の小早川秀秋とはまた違う形で、関ヶ原合戦時の徳川秀忠と結城秀康兄弟に視点を当てている。
    徳川視点…殊に上田攻め方面における関ヶ原合戦というのは、なかなか読む機会がなく新鮮な気持ちで読めた。
    秀忠・秀康兄弟とは別に、真田信之の立場に対する苦悩も描かれており徳川・真田双方のこの一戦...続きを読む
  • 上杉謙信・景勝・直江兼続 軍神の系譜
    サブタイの部分は兼続じゃなくて景虎って思えるほどの出番がありました。
    景虎が切なくて、一生懸命で、好きになれます。
  • 小説 関ヶ原 小早川の策謀、家康の焦燥
    私が最も影響を受けた歴史小説。バイブル。
    関ヶ原合戦関連の小説は数多くあるが、主人公に小早川秀秋を据え且つ彼を智将と位置づけた小説はこれが初めてだった。松野主馬の存在感も相当なもの。
    関ヶ原合戦を引き起こしたのは石田三成でも徳川家康でもなく秀秋だったという展開。
    家康や諸将との駆け引き、誘い鉄砲か...続きを読む
  • 上杉謙信・景勝・直江兼続 軍神の系譜
    初めて読んだ坂上氏の本だが、上杉関連…しかも御舘の乱が中心ということで手に取ったのがきっかけ。
    織田信長と上杉謙信の幻の戦いといわれる手取川の戦いも坂上氏の独特な世界観によって描かれていて大変面白かった。
    上杉謙信のカリスマに引きつけられる家臣。
    そんな謙信を快く思わない上杉景勝像というのは、...続きを読む
  • 上杉謙信・景勝・直江兼続 軍神の系譜
    タイトルに名前あるけど、ここまで兼続が出張らない上杉御館モノは珍しい。
    景虎さまと景勝さまの関係が良かった。
  • 上杉謙信・景勝・直江兼続 軍神の系譜
    さらっと読める。
    景虎と景勝が実は心が通じ合っていた。
    御館の乱はハッピーエンドで終わったような描きかた。
    これはこれで良い。
  • 異説 戦国志 桶狭間に死す
     桶狭間の合戦を再構成した作品。今川氏真に太原雪斎を軍師として付けることで武将としての成長を促すことで史実に対する変化をもたらしている。また、今川、織田双方の動きを緻密に描くことで桶狭間に至る過程に説得力をもたせている。この”桶狭間に至る過程”が非常に緻密であり、今川義元が桶狭間に陣を置き、織田軍が...続きを読む
  • 翔竜 政宗戦記 1 天翔の謀
    古本屋をいくつもまわってようやく揃えた本。
    初めに見つけたのは5巻で、政宗の格好良さにすぐにはまりました。まだ最初から通して読めてませんが、家康嫌いな人間にはなかなか面白い展開だと思います。
  • 上杉謙信・景勝・直江兼続 軍神の系譜
    手取川の合戦と御館の乱が主で、小説の大半が御館の乱です。

    お綺麗な謙信さまや目当ての方には向かないかも。
    人間らしい謙信さまと、義兄弟が主役です。



    景虎ファンには是非読んで欲しいです。
    上杉の人との関係。人質としての自分の立場をどう思っているか。後継ぎ争いに対する気持ち。
    全て素晴らしいです...続きを読む
  • 天正戴天録 政宗対信長 下
    一昔前に流行った「架空戦記もの」 
    タイムラインの分岐点は、本能寺の変が起こらなかったこと。 
    今までの架空戦記ものでは、本能寺の変が回避されいかに織田信長が天下を統一するか?という流れが多かったですが本作では既に織田信長は信忠に家督を譲って引退しています。 
    織田信忠は、征夷大将軍。 
    織田政権は...続きを読む
  • 宿命の兄弟 徳川秀忠と結城秀康
    徳川家康の次男の結城秀康と三男で後に二代将軍になった徳川秀忠の関が原の戦い時を描いた一冊。

    多少フィクションと思われるものが混じってるものの、関が原の両者の立場の違いが浮き彫りになってて面白かった。