「ケビン・メイニー」おすすめ作品一覧

「ケビン・メイニー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/12/19更新

ユーザーレビュー

  • トレードオフ 上質をとるか、手軽をとるか
    世のサービスは、上質か、手軽かの2つに区分され、どちらに振れるかでビジネスの成功と失敗のカギを握っている。事例とともにそれぞれが語られており、納得度が高い内容。

    ・消費者は絶えず上質か、手軽のどちらか一方を選びとっている。

    ・テクノロジーの進歩はこのどちらも押し上げていく。

    ・上質さも手軽さも...続きを読む
  • トレードオフ 上質をとるか、手軽をとるか
    ビジネスでは上質をとるか、手軽さをとるか、はっきりさせないと成功できない。上質か手軽さかどちらともいえない曖昧なものは不毛地帯から抜け出せなくなり、その両方を求めてしまうと中途半端におちいり、計画は頓挫してしまう。本書はそんな上質と手軽さのトレードオフのコンセプトを、著者の豊富なリサーチと分析をもと...続きを読む
  • トレードオフ 上質をとるか、手軽をとるか
    卓越した人びとは、慎重に考え抜いた上で難しい選択をする勇気を持ち合わせた上、” 何もかも出来る ” などという錯覚に陥ることなく、自分が抜きん出ている可能性のある分野に力を注ぐ、上質を取るか、手軽さを取るか、非常に学びの多い1冊です。
  • トレードオフ 上質をとるか、手軽をとるか
    元USA Todayのテクノロジー担当記者だったケビン・メイニー氏の著書です。

    記者として数々の企業トップなどへのインタビューや取材を通して培った経験を基に話題となったビジネスモデルや商品を分析した見解を紹介する内容となっています。

    この本の視点は、「上質か、手軽か」の一点に集約されています。
    ...続きを読む
  • トレードオフ 上質をとるか、手軽をとるか
    突き詰められた理論は案外、単純で、当たり前のように響く。上質か、手軽か。その二元論で過去の多くの事例が説明できる。ただし問題はそれをどうやって今後に活かすのかということ。常に自分の仕事を念頭に置いて読むべきなのだろう。