串田孫一の一覧

「串田孫一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/08/23更新

ユーザーレビュー

  • ヤマケイ文庫 若き日の山
    哲学者であり随筆家である著者の串田孫一はこれまで知らないままでした。戦前から戦後にかけての山登り日記のような随筆が中心の本です。筋肉質の登山家と違って、内向的というか、うじうじとした内面もそのまま描写されていておもしろい。

    戦後の疎開先の山形の村は私の身近な土地でもあり、近年までそんなところだった...続きを読む
  • 随想集 光と翳の領域
    この本を私はとても気に入っている。
    再読もしたし、植物のリストも作ってその姿を写真でチェックもした。他にも色々たくさん書き出したし、付箋も貼った。それでもまだこの本に対して納得がいっていなくて読書感想として日記にあげていなかった。
    3回目を読んでもっときちんとした感想をまとめてから日記を書こうと思っ...続きを読む
  • 幸福論
    仕事で悩んでいたとき先輩が貸してくれた一冊。
    改めて仕事について、自分について、人生について考えられた。
  • 幸福論
    仕事で悩んでいたとき先輩が貸してくれた一冊。
    改めて仕事について、自分について、人生について考えられた。
  • 幸福論
    自分も人としてこうした気持ちを心がけながら生きていたい。

    「幸福だから笑うのではない。笑うから幸福なのだ」
    「自分で倒れそうだと思えば倒れる。何もできないと思えば何もできない。雨も嵐も自分の心の中で起こるもの」
    「幸福になろうと望まなければ幸福になるのは不可能だ」
    「自分の不幸について決して他人に...続きを読む