古橋秀之の一覧

「古橋秀之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/08/02更新

ユーザーレビュー

  • 百万光年のちょっと先
    なかなか新作が出ない著者ですが、本書の発行はよろこばしい限り。長年書かれた短編集(というかショートショート?)ですが、一編一編の密度が濃く、時間をかけて読むことをお勧めします。多様でありながら、一定のトーンを保っているところが素晴らしい。
  • 龍盤七朝 ケルベロス 壱
    『ドラゴンバスター』と同じ古代中華風ではあるものの『IX』の焼き直しみたいな感じであり武侠ものの風が強い
    話は単純だが説得力ある燃えるバトル描写で強引に引っ張る手腕は心地よい
    あとはもう少し筆が早ければ
  • ある日、爆弾がおちてきて 【新装版】
    意外や意外。
    すごく面白かった。
    あとがきにも書いてるけど、基本ボーイミーツガールなんだけど、少しSFが入ってるのがミソ。
    ってゆーかチャームポイント。
    いわゆる設定にSF入ってるけど論理的説明は何にもなし、ってゆーパターン。
    軽い文体で妙にハマる。
    マンガにして読んでみたい「出席番号0番」と「3時...続きを読む
  • ある日、爆弾がおちてきて
    どの話も切なすぎる。
    「おおきくなあれ」「トトカミじゃ」「出席番号0番」は笑ってしまった。
    「ある日、爆弾がおちてきて」どうせなら、爆発してしまえばよかった。
    「恋する死者の夜」女の子にとっては幸せだと思うけど、男の子にとってはどうだろうか?
    「三時間目のまどか」オチにちょっとほっとしてしまう。未来...続きを読む
  • ある日、爆弾がおちてきて
    「今日の早川さん」であのSFにうるさい早川さんからも褒められているという秀作短編集。

    これを読んでいると、なぜか田村正和主演ドラマ「うちの子にかぎって…」の1エピソード「転校少女にナニが起こったか?」を思い出す。

特集