松尾秀哉の一覧

「松尾秀哉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/04/26更新

ユーザーレビュー

  • ヨーロッパ現代史
    主に大戦後から現代までの欧州の動向がよくまとめられている。特に横のつながりがよく分かる。現代史を俯瞰する際に最適な良書。
  • ヨーロッパ現代史

    通史

    ヨーロッパの歴史ってわからない。新聞読んでわかったフリがいつものこと。そんな私に手助けしてくれました。
  • 物語 ベルギーの歴史 ヨーロッパの十字路
    ベルギーで興味深い点がいくつか。

    1.言語
    ベルギーは北部がオランダ語圏、南部はフランス語圏となっており、言語は一種のアイデンティティのような位置付けになってる。20世紀後半にルーヴェン大学では言語分裂が起きたり、選挙では国家分裂の危機に陥ったほど、両言語間の確執は深い。ベルギーが1つの国としてま...続きを読む
  • ヨーロッパ現代史
    1950年を起点にして、2000年代までのイギリス、フランス、ドイツを中心に、適宜大きな動きがあったその他のヨーロッパ各国やソ連を含む東欧諸国の動向を簡潔にまとめている。序章において筆者が全体の流れを提示しているので、それを踏まえて読むことができる点が分かりやすさにつながっている。

    映画「リトル・...続きを読む
  • ヨーロッパ現代史
    これは実に興味深かった!!欧州諸国を巡る最近の情勢に至るまでの「最初にこういうことが在って、それがこうなって、そこから現在の状況が生じている」が判り易く整理されている。なかなかの力作だと思う。
    大学教員である著者が携わった講義のための、幾つかの“ノート”を軸にしたということだが、英国、フランス、ドイ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!