平川新の一覧

「平川新」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/12/14更新

ユーザーレビュー

  • 戦国日本と大航海時代 秀吉・家康・政宗の外交戦略
    圧倒的5つ星。
    これまで謎だった
    ・日本はなぜ西欧の植民地にならなかったのか
    ・なぜ秀吉は無謀な朝鮮出兵を強行したのか
    への疑問が氷解した。政宗と家康・秀忠とのやりとりも臨場感を持って伝わってくる。これまで読んだ新書の中でもベストの一つ。
    同時に、もし当時の日本が武士の世でなかったら、もし承久の乱で...続きを読む
  • 戦国日本と大航海時代 秀吉・家康・政宗の外交戦略
    世界史の中に戦国末期の日本を位置づけると、秀吉の朝鮮出兵が何だったのか、それがその後の世界の歴史をどう変えたのかといったことがわかる。
    ポルトガルやスペインも日本の植民地化を考えていたが、その考えを改めさせたのが秀吉の朝鮮出兵だったと。自分的にこの時期はインドやフィリピンのヨーロッパ人たちに意識を向...続きを読む
  • 戦国日本と大航海時代 秀吉・家康・政宗の外交戦略
    秀吉も家康も、日本国内の「天下」だけを見ていたわけでは無く、欧州列強とのゲームをプレイしていた。
    家康の対外貿易方針/キリスト教対策の変遷
    家康・秀忠と政宗との間の熾烈な駆け引き、情報戦
    国内問題であり、対外問題でもあり。

    世界を分割線としていたポルトガルとスペイン
    そのスペインから独立し、アジア...続きを読む
  • 戦国日本と大航海時代 秀吉・家康・政宗の外交戦略
    中国を中心にした東アジアの枠組みではなく、スペイン・ポルトガルの世界支配の枠組みの中で、信長・秀吉・家康・政宗の対外政策を見ていくとどうなるか、という内容。

    特に秀吉の朝鮮出兵や明の征服は、東アジア支配をもくろむポルトガル・スペインへの反抗だという評価が一番印象的。
    秀吉の「天竺を切り取る」という...続きを読む
  • 全集 日本の歴史 第1巻 列島創世記
    考古学者である著者が、ヒトの確かな足跡が発見される旧石器時代から、巨大古墳が築かれる5世紀までの4万年の日本列島の歴史を文字の記録に頼らず、物質資料のみで描いた大作。

    何より新鮮だったのが、歴史科学の再生において「認知科学(ヒューマンサイエンス)」をベースにし、人の心の普遍的特質から人の行動を考古...続きを読む