遠山明子の一覧

「遠山明子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/07/05更新

ユーザーレビュー

  • セーヌ川の書店主
    序盤は、読むのがつらくなるような感じでしたが
    中盤から終盤になって、どんどん引き込まれていく感じ
    です。
    訳者あとがきにも書かれてありましたが、一つの楽しみ方
    として旅行記として読む感じも後半のプロバンスあたり
    からは、Googleストリート見ながら読みました。
    サナリー・シュメールとボニューは行っ...続きを読む
  • セーヌ川の書店主
    レビューを拝見して知った本です。

    訳者あとがきより抜粋。

    今回、翻訳するにあたって精読してみて、ベストセラーになったのもむべなるかな、と納得しました。
    一言でいうなら恋愛小説になるのでしょうが、いろいろな読み方ができます。

    まずは、肩の凝らない旅行ガイドとして読む方法。
    書店に改造した船で、パ...続きを読む
  • セーヌ川の書店主
    (引用)
    セーヌ川に浮かぶ船上で、悩める人々に本を“処方”する書店主ジャン・ペルデュ。しかし自身の心の傷は治せずにいた。20年前、恋人が彼の元を突然去ってからずっと、凍りついたままだ。
    だがある日、古い手紙をきっかけに、ペルデュは彼女の故郷プロヴァンスへ行く決意をする。書店主とスランプ中の青年作家、...続きを読む
  • 黄色の扉は永遠の階 第三の夢の書
    三冊目までほぼ一気読み。シークレーシーが誰なんだかという謎を早く解きたかったから。それにヘンリーとちゃんと幸せになってほしかった。読んでる私まですっかりオトメ。
    随所にクスッと笑えるネタも満載。

    こんな読書体験も貴重です。
    常日頃読んでいる本と真逆(?)な可愛すぎるLOVEファンタジー。
  • 緑の扉は夢の入口 第一の夢の書
    明るくポップでミステリアスな、女の子のための女の子による女の子のファンタジー!
    と、手放しで褒められないのがこのケルスティン・ギア。

    容赦なく女の子の痛いところやキュンどころを突いてきます。
    これも3冊。早く読み終えたい!