「立川志らく」おすすめ作品一覧

「立川志らく」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/11/18更新

ユーザーレビュー

  • 落語進化論
    楽しく読ませていただきました。師弟関係への思いは共感でき、うらやましく思えます。そして落語のことを真剣によく考えていらっしゃることが、よく伝わってきます。プロフェッショナル意識に満ちた志らく師匠に十分に興味を持てる一冊。立川一門に注目。
  • 立川志らく まくらコレクション 生きている談志
    まくら集ですが、談志師匠ネタが多くて面白かったです。
    落語は最近はまった趣味で生きている談志師匠の落語は聴くことができなかったのですが、この本の中では生き生きと書かれていてまるでそこで二人の掛け合いがされているようでした。
  • 落語進化論
    ・落語の面白さは物語にはなく、狂気、業、非常識、ナンセンス、時にファンタジー、時にエロス。
    ・落語には物語のセオリーたる「起承転結」の「結」がない。盛り上がったところでいきなり終わる。あまりにくだらないゆえ物語の続きまで興味がわかない。
    ・表現すべきは非日常・非常識の世界。
    ・落語には江戸の風が吹い...続きを読む
  • 落語進化論
    立川流にたっぷり興味がある人は面白いでしょうねぇ。
    また、
    こんな 落語(落語家)の楽しみ方もあるのや、
    と 思える人も楽しめるかな。
    でも、
    「落語は理屈や無い」
    と思い込んでいる人は
    全くだめでしょうね。

    私は
    はい
    まぁ、それなりに
    楽しませてもらいました。
  • 落語進化論
    折に触れて落語関係の本を手にするのだが、結果的に読んでいるのは立川流のものばかり。やっぱり立川流が好きなのかな。
    志らくさんの落語は10年くらい前に双蝶々を生で聴いただけなのだが、今はどれだけ「進化」しているのか気になります。