「田端信太郎」おすすめ作品一覧

「田端信太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/07/19更新

ユーザーレビュー

  • ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

    上司の顔色をうかがうな!

    会社でモヤモヤしている方に、力を与えてくれる本です。

    僕は、会社で自分の提案を叩かれることで、意欲を失いそうになっています。
    でも、この本を読み、自分に足りないことが見えてきました。

    この提案を何としても通したい、という信念が僕にあったのか?
    何と言われようと、自分自身が何とかやりた...続きを読む
  • ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言
    【筋肉痛になろうが、仕事の筋トレを続けろ】
    仕事で追い込まれたら、最後は開き直りだ、と思っている。著者の田端信太郎氏も「開き直り」をベースに仕事をしていることで、恐れるものなく、自信を持って仕事に取り組めていることが、ブランドイメージにつながっているものと思う。

    『実はサラリーマンこそ、ギャンブル...続きを読む
  • ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言
    本としてのボリューム感は無いものの、メッセージが端的に纏められてて共感のポイントが多かった。最近のツイッター界隈での炎上についても発言があることから、短期一気に書き上げた本なのかとはじめは思ったものの、やはり全体的な纏まりを考慮すると、年単位で構想が練られていたように感じる。またツイッターの使いこな...続きを読む
  • 広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。
    これは良い本だった。心に残った内容を備忘録としてメモ。

    1000万人規模からは目撃体験が現れ、シンボル性の高いアイコンが作られる。また世の中にあるものを再定義したようなものが多い。一から作るよりは。社会的承認。

    1億人レベルになると都会と田舎のライフスタイルの違いなどを考えてマーケティングを構造...続きを読む
  • 広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。
    広告関係のお仕事をされている人、マーケティング部門の人などは読まれるべきだと思います。

    ⑴この本を手にとった理由
    タイトルにある、広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめて、じゃあどうすればいいのか?を知りたくて手に取りました。
    ⑵感想
    今まで読んだ本の中で一番わかりやすく、構成も非常...続きを読む

特集