ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言
  • NEW

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

作者名 :
通常価格 1,539円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

個人の時代が到来し、もはや大企業の看板では生き残ることができなくなった。これからは会社の名前より自分の名前が強い人が勝つ時代。
いかに自分の名前をブランド化するか、日本一のスーパーサラリーマンが徹底的に伝授する。

目次
はじめに 真面目に働くのをやめましょう

第1章 仕事とは何か
・辛い仕事ほど給料が安く、楽しい仕事ほど給料が高い
・誰にでも出来る仕事をするな
・生産性ってしってますか?
・さらば昔のサラリーマン
・これからは「最強サラリーマン」の時代
・くだらないことをやめる
・カネではなく価値を稼ぐために働く
・個人の名前で仕事をもらえ
・選ぶべき会社、選ぶべき仕事
・働いたら負けだと思っている

第2章 マーケットにさらされろ
・市場を意識しろ
・株、仮想通貨、なんでもまずやってみろ
・リア充たれ
・今からこの水を売って来い
・あなたはいくら給料が欲しいのか
・就職面接では何を語るべきか
・市場を観察する。きめ細かく。
・一所懸命ではなく自分はどこで輝くのか見極めろ
・そのサービス、その商品は何のためにあるか
・商売の基本は相手を想像しきること

第3章 発信者たれ
・フォロワー1000人いかないやつは終わっている
・全発信者時代の意味
・フォロワー数があなたの価値だ
・誰もやっていないことを探せているか?
・評価経済の勝ち組と負け組み
・会社人が個人で発言する意味
・会社に怒られてもへっちゃらだ
・炎上しない奴は燃えないゴミだ

第4章 伝説的なプロジェクトを作れ
・倒産寸前の会社、二部リーグの組織へ行け
・会社にどれだけ大損をさせられるかがあなたの価値だ
・サラリーマンほどリスクを背負える立場はない
・会社の名前ではなくプロジェクトの名前で自らを語れ
・君は目の前のプロジェクトにワクワクしているか?
・LINEから●●にうつった理由

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
NewsPicks Book
電子版発売日
2018年07月05日
コンテンツ形式
EPUB
購入済み

上司の顔色をうかがうな!

じゅんや 2018年07月16日

会社でモヤモヤしている方に、力を与えてくれる本です。

僕は、会社で自分の提案を叩かれることで、意欲を失いそうになっています。
でも、この本を読み、自分に足りないことが見えてきました。

この提案を何としても通したい、という信念が僕にあったのか?
何と言われようと、自分自身が何とかやりた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月09日

【筋肉痛になろうが、仕事の筋トレを続けろ】
仕事で追い込まれたら、最後は開き直りだ、と思っている。著者の田端信太郎氏も「開き直り」をベースに仕事をしていることで、恐れるものなく、自信を持って仕事に取り組めていることが、ブランドイメージにつながっているものと思う。

『実はサラリーマンこそ、ギャンブル...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月07日

本としてのボリューム感は無いものの、メッセージが端的に纏められてて共感のポイントが多かった。最近のツイッター界隈での炎上についても発言があることから、短期一気に書き上げた本なのかとはじめは思ったものの、やはり全体的な纏まりを考慮すると、年単位で構想が練られていたように感じる。またツイッターの使いこな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月13日

本当は評価としては2ぐらいをつけようと思っていた。

というのも読んでいるときは、なんかそれっぽいことを言ってるだけの本だな、という印象だったからである。

サクッと読んで、「今こんなものが流行ってるのね」ぐらいで終わったつもりだったのだけれど、なんだか気づくとTwitter頑張ってみるか・・・みた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月07日

正直言うと、文全体のつながりはなく、新たな知見が得られるものではない。Twitterや田端さんの講演で繰り返し発言されていることを書籍化した感じの本。出版者目線で見るとものすごく面白く、書籍全体を通して「伝え方」が学べる。記録ではなく、記憶に残る本。セミナーに参加するだけでは何も変わらないことがよく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play