上遠恵子の一覧

「上遠恵子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/08/30更新

ユーザーレビュー

  • センス・オブ・ワンダー(新潮文庫)
    とても美しく、優しい本。
    雨に濡れるシダ、引き潮の海、夜明けの鳥たちの声、一匹の虫にも雑草に咲く花にも、全てに美しさがあって、なんとなく「いいなあ」「すごいなあ」と思っていたものを言葉で表現してくれる、詩集のような作品。
    環境保護など誰も考えもしなかった時代に、庭にやってくる鳥の変化から、当時新しか...続きを読む
  • センス・オブ・ワンダー(新潮文庫)
    写真も美しく、心の栄養になる本でした。

    「わたしは、子どもにとっても、どのようにして子どもを教育すべきか頭をなやませている親にとっても、『知る』ことは『感じる』ことの半分も重要ではないと固く信じています。
    子どもたちがであう事実のひとつひとつが、やがて知識や知恵を生みだす種子だとしたら、さまざまな...続きを読む
  • センス・オブ・ワンダー(新潮文庫)
    エッセイというよりせいぶつかがくしゃのかいた詩集
    本に導かれて購入した、若松英輔の解説通りの本でした。
  • センス・オブ・ワンダー(新潮文庫)
    小学生の頃、夏休みになると祖父母の家に遊びに行き、従兄弟と山や川を探検していました。そこで自然に触れていた日々を思い出します。あの頃はたくさんのホタルや池一面に氷が張っていた光景を見れたけど、今はそんな景色は見れないんだろうなぁ。
    日々の仕事に追われ、自然と接する機会はめっきり減っていますが、箱根辺...続きを読む
  • レイチェル・カーソン いまに生きる言葉
    レイチェル・カーソンについては沈黙の春の著者であることしか知らない状態で読んだ。
    生物学を学ぶか作家を目指すか悩んでいた頃は、科学を分かりやすく言葉で伝えることがこれほど求められていたとは知る由もなかっただろう。
    死ぬことも自然なこと、という言葉が美しかった。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!