「和合亮一」おすすめ作品一覧

「和合亮一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/07/14更新

ユーザーレビュー

  • ふるさとをあきらめない―フクシマ、25人の証言―
    【本から】
     [話] 須藤栄治さん・38歳
     避難所では、救援物資をいただき、たくさんの支援を受けま
     した。そうした時間の中で、被災者はいったい何ができるん
     だろうと考えた。で、こう思ったんです。今の自分たちが返せ
     ることは、「ありがとう」という 言葉や思いしかないんだ。
     「ありがとう」は ...続きを読む
  • 詩ノ黙礼
    なぜだかわからないけど涙が止まらない。自分はなにもしなかった。涙で読めない本は初めて。どんなときに読むべき本なのかわからない。やはり泣ける本とはフィクションで有って欲しい。あの時期の事が頭に浮かんできた。関西に住んでいるにもかかわらず。俺も持ちたい。想っています。
  • 詩の礫
    ツィッターで綴られた「刃」。礫と書いてあるが刃としか思えない。言葉が持つ力を信じたい。和合さんの書いた言葉が力を持って、刃となって、見えない敵「幽霊」に立ち向かって行ってほしい。本当にすごい詩だ。知らない間に泣いている。
  • 詩ノ黙礼
    毎晩少しずつ声に出して読んでいった。
    今、福島を日本を命を未来を思うこと。
    失われたたくさんの魂を決して風化させないために。
  • 詩ノ黙礼
    福島で被災した著者の、真っ直ぐな言葉の弾。
    自然の不条理に怒り、
    国の対応に怒り、
    殺処分に泣き、計画的避難に泣き、怒る。

    怒ること、悲しむことを受け止め、
    「それでも詩を書くしかない」
    と腹を括って毎日Tweetする彼こそ、
    時代を動かす詩人だと思った。