中村紘子の一覧

「中村紘子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/12/20更新

ユーザーレビュー

  • ピアニストという蛮族がいる
    多くのピアニスト達のエピソードを、
    素晴らしい文章で楽しく読ませてくれるエッセー。

    ホロビッツ、ラスマニノフ等の、
    巨匠達のエピソードも、
    興味深く読んだが、
    幸田延(幸田露伴の妹)、久野久の師弟の件は、
    ぐっと胸にくるものがある。
    明治時代に、しかも女性で、
    未知の西洋音楽、ピアノという名の楽器...続きを読む
  • ピアニストという蛮族がいる
    すごくすごく面白い! ピアノ好きな方は必読。冒頭のホロヴィッツの話がいきなり面白くて、文章のうまさにも圧倒された。続いて日本最初のピアニスト、幸田延さんの話も強烈で引き込まれる。彼女は幸田露伴の妹。初の純国産ピアニスト久野久の悲劇は胸に迫るものがあった。ピアニストという蛮族がいる。うん、実に納得。ユ...続きを読む
  • ピアニストだって冒険する(新潮文庫)
    「カレーのピアノの人」中村紘子さんの本。
    息子のヤマハで忙しくしていたので何となく本屋さんで手に取ったけれど、ピアノや芸術についてだけではなく時代背景が興味深い。
    こういう上の年代の方の本をもっと読みたい。
    そして中村紘子さんの他の著書にも興味を惹かれる。
  • ピアニストという蛮族がいる
    ホロヴィッツやミケランジェリといったピアニストの逸話から、日本最初のピアニストといわれる久野久の逸話まで。面白かったです。
  • ピアニストという蛮族がいる
    -社会がどう変わろうと、誰がなんと言おうと、私たちピアニストという蛮族はラクダのように悠々と進んでいく。人生という貴重な限られた時間のなかで、ときに時代錯誤と見えるほど莫大な時間を浪費していると思われようとも、私たちピアニストという蛮族はラクダのように悠々と進んでいく-

    日本における西欧音楽創生期...続きを読む