「津田敏秀」おすすめ作品一覧

「津田敏秀」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/12/18更新

医学的根拠とは何か
  • ブラウザ試し読み

医学と仮説
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 医学的根拠とは何か
    痛快な本。一気に読み切った。これまでの、そして現在も続いている医学研究や教育についての問題点を痛快に書かれている。ここまで書いていいのだろうかと実名で色々な研究者を批判もしている。数量化の著者による直感派やメカニズム派への批判であるが、数量化が現在の科学的根拠となっている。水俣病や放射線の問題も直感...続きを読む
  • 医学的根拠とは何か
    「医学的根拠とは何か」
    この本の題名であるが、何か起こるたびに、さまざまな“専門家”という何がどう専門なのかわからないような人が「医学的根拠」という言葉を用い、その度に考えることでもある。

    そして私は身をもって知っている。日本は医療技術は高くても、医学教育水準は前近代的なうえに貧相極まるものである...続きを読む
  • 医学と仮説 原因と結果の科学を考える
    大半の医者は科学・因果関係・科学哲学などほとんど考えたことがない
    医学において実験が必要不可欠、ということはない。スノーvsコレラ、ジェームズ・リンドvs壊血病、高木兼寛vs脚気など
    要素還元主義だと原因の特定が遅れ、新型のアウトブレイクの際に対応が遅れる。煙草とか、公害とか、薬害とか
  • 医学と仮説 原因と結果の科学を考える
    副題は、「原因と結果の科学を考える」

    日本では、疫学や臨床研究を軽視している傾向があると、個人的に感じていて、なぜだろうと疑問に思っていたが、この本を読んでその理由がはっきりした。

    日本では、大学・国立がんセンターなどの研究機関の研究者の多くが、要素還元主義に陥っていて、動物実験・細胞実験などミ...続きを読む
  • 医学と仮説 原因と結果の科学を考える
    科学や因果関係について日本の研究者がトレーニングを受けていないため、専門家が誤った認識をもっているのではないかという認識の元書かれた本。

    科学、因果関係、疫学あたりに関して概観するのによいかもしれない。