「宮入恭平」おすすめ作品一覧

【宮入恭平】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/04/04更新

ユーザーレビュー

  • ライブハウス文化論
    ノルマを課すライブハウスとノルマに迎合するアマチュアたち。音楽をビジネスとすることの現実は甘くないし、汚い部分が多い。
  • ライブハウス文化論
    [ 内容 ]
    夢追う若者から団塊世代までが集い、音楽でのしあがり、音楽を楽しみ、音楽を介して人と出会うための場であるライブハウス。
    ロック喫茶・ジャズ喫茶を出自とし、「政治の季節」にカウンター・カルチャーを支える一方で、1980年代を転換期として高度に商業化・システム化していくライブハウスの歴史を浮...続きを読む
  • ライブシーンよ、どこへいく ライブカルチャーとポピュラー音楽
    まずは、「ライブシーンよ、どこへいく/宮入恭平・佐藤生美」
    今日の音楽シーン(CD・ライブハウス・フェス・クラブ・ソーシャルメディアetc…)を裏付けされた数字や歴史などを基にまとめられた一冊。アプローチの仕方が論文みたいで少し堅苦しいく感じたが、ここまできっちりまとめ上げられてる音楽誌は珍しいかと...続きを読む
  • ライブハウス文化論
    下北沢の研究を始めて,ライヴハウスの一般論についてもフォローしなくてはならなくなって急遽購入,読んでいる本を中断して読み始めた本。青弓社ライブラリーの一冊だが,このシリーズを読むのは初めて。このシリーズには第1回から何度か私が聴きにいっていた,多摩市が主催,パルテノン多摩を会場とした連続講演の記録が...続きを読む