「石川大我」おすすめ作品一覧

「石川大我」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/11/07更新

ユーザーレビュー

  • ボクの彼氏はどこにいる?
    ずっと読みたいと思っていて、ようやく読めました。

    マイノリティって当事者にしか分からない葛藤があります。日常の何気ない会話の中でも些細な一言に傷ついて、神経を尖らせて、疲れて、悩んで、苦しんで。中でも隠し通せてしまうマイノリティはより一層に辛い思いをします。
    本書はセクシャルマイノリティの方々が希...続きを読む
  • ボクの彼氏はどこにいる?
    石川大我さん自らの半生が書かれています。
    インターネットの発達と共にセクシャルマイノリティーの人たちは自分だけではない、同じ様に悩んでいる人はたくさん居るんだと知ることが出来るようになりました。
    そうして様々な活動をされていく様子が書かれているのですが、とても生き生きとしていて、見習いたいなと思わさ...続きを読む
  • ボクの彼氏はどこにいる?
    ゲイである自分を肯定=肯定のシャワー〉が出来た石川さん。
    これがどんなに難しいことか…
    セクシュアルマイノリティであることは、その人の一部でしかないけど、当事者にとっては生涯共にする課題です。
    課題の解決法は人それぞれだけど、ロールモデルがいないぶん、当事者との出会いはいつも大切なきっかけです。
    ...続きを読む
  • ボクの彼氏はどこにいる?
    ゲイやレズビアンの方が実際にいるのも知っていたし、偏見もありませんでした。

    知っていたとはいっても、当事者の方たちの生の声をきくのは初めてに近くて、すごく新鮮でした。

    また、「すこたん企画」のHPも見てきました。

    全ての恋をする人・カップルが幸せで堂々としていられる日本がはやくやってきたらいい...続きを読む
  • ゲイのボクから伝えたい 「好き」の?(ハテナ)がわかる本 みんなが知らないLGBT
     小中学生向けに書かれたLGBTを考える入門書。

     体の性、心の性、恋愛対象 の三つで考える性など、LGBTの基礎が子どもにも分かりやすく書いてある。
     きっと小中学生の中に自分の性の違和感で悩んでいる子ども達がいるのだろう。そういう人達はもちろん、LGBTを考える入門として子どもから大人まで読め...続きを読む