高橋英夫の一覧

「高橋英夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/05/28更新

ユーザーレビュー

  • 暢気眼鏡 虫のいろいろ 他十三篇
    いやあ、これはよかったなあ。読めてよかった。貸してもらってこれを今読めたのが最高に運がいい。
    二作目の芳兵衛から、完全に作品の中に入った。p54-55の夫婦の会話(これは灯火管制)がすごくいいなあとなり、ここまでの三作がまず繰り返し繰り返し読みたくなる作品なのは間違いない。
    虫のいろいろの好きなとこ...続きを読む
  • 偉大なる暗闇――師 岩元禎と弟子たち
    滄海遺珠。後半よりも前半のほうが好み。偉大なる暗闇は、暗闇のままでなければならない。偉大なる暗闇を偉大なる暗闇として我らその残り香を感じるのみ。以て瞑すべし岩元禎。でかした原勝郎! 遥かなる粟野観音像。
  • 暢気眼鏡 虫のいろいろ 他十三篇
    やはりベストは『虫のいろいろ』。額のしわで一匹の蠅をつかまえながら(くしゃおじさんに匹敵)、そこから確率論、宇宙の有限or無限まで話がいって、最後は「うるさくなったのだ」というサゲ。笑える。

    続く「蜂」の連作もよい。対象即自己。『城ノ崎にて』を落語にするとこんな感じか。
  • 暢気眼鏡 虫のいろいろ 他十三篇
     曲が終わった.すると蜘蛛は,卒然といった様子で,静止した。それから,急に,例の音のないするするとした素ばしこい動作で,もとの壁の隅に姿を消した.それは何か,しまった,というような,少してれたような,こそこそ逃げ出すといったふうな様子だった。――だった,とはっきりいうのもおかしいが,こっちの受けた感...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!