北田暁大の一覧

「北田暁大」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/03/12更新

ユーザーレビュー

  • そろそろ左派は〈経済〉を語ろう――レフト3.0の政治経済学
    イギリス在住ライターのブレイディみかこ、経済学者の松尾匡、社会学者の北田暁大の3名による鼎談本。
    ブレイディさんのヨーロッパ政治経済の知識と、松尾さんの経済学をベースに、北田さんが整理している感じ。「アベノミクス憎し」で経済政策が混迷している左派に警鐘を鳴らしている。

    第二次安部政権のアベノミクス...続きを読む
  • そろそろ左派は〈経済〉を語ろう――レフト3.0の政治経済学
    いずれ読み返したくなるような、素晴らしい内容。
    結局みんな自分の生活が1番大切なんだよ!っていう当たり前のことなんだけど、きちんとそれを説明してもらった感覚で、とても勉強になりました。
  • そろそろ左派は〈経済〉を語ろう――レフト3.0の政治経済学
    超面白い。
    流行った消費社会論が経済の方向に行かずにアイデンティティ論に終始したというのは本当にその通りだと思う。
    まだわからない部分が大きいけども、経済に興味が出てきた。
  • そろそろ左派は〈経済〉を語ろう――レフト3.0の政治経済学
    反緊縮政策の有効性や左派の思想史などについて学べる本。

    ・左派の立場から、勢力を盛り返すために現在の安部政権を上回る経済政策を提案しなければだめだ。そのためには、いままでのような緊縮ではなく、反緊縮政策を提案し、福祉などしかるべきところに再配分をしっかりと行うべきだ。
    ・WWⅡ前後の左派の歴史を整...続きを読む
  • そろそろ左派は〈経済〉を語ろう――レフト3.0の政治経済学
     ヨーロッパの左派政治はどのような経済政策を行っているのかから、日本のリベラルの取るべき道を示す。

     左派は反緊縮して社会保障の充実を図る大きな政府を目指し、リベラルはその逆の小さな政府を目指す。欧米での分かりやすい対立構造がつくれず、日本では複雑なねじれを示している。
     リベラルや成長という言葉...続きを読む