「大田洋子」おすすめ作品一覧

「大田洋子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/11/04更新

ユーザーレビュー

  • 屍の街・半人間
    作者が強調する原爆の恐ろしさは、その破壊力や被爆だけはない。それは今までにない爆弾だった。人々の想像力を超えていた。そして突然の未知の力による破壊は、肉体のみならず人々の精神内部にまで及ぶ-

    まさに体験した者だけが言えることだが、原爆の最大の恐怖は、人々の気力を奪い去り、表情を消し、魂を蒼ざめさせ...続きを読む
  • 屍の街・半人間
     広島で被爆した作家の私小説。
     
     原爆小説としては井伏鱒二の『黒い雨』などが有名だが、この作品は描写が淡々としていて悲惨さを感じない。

     苦しいとか悲しいとか、そんな人間的な感情さえ、原爆という悪魔の兵器は破壊してしまったということがわかる。

     現代人の目から見れば作家が見ている情景はまさに...続きを読む
  • 屍の街・半人間
    原民喜とは対照的な仕方で、「屍の街」のありさまを凝視し、それをもたらしたものを突き止めようとする意志に貫かれた作品。併録された、生き残ることの苦しみと、苦しむ者たちに注がれる視線を内側から抉るように見据える「半人間」も印象深い。ただ、両者を貫く怒りのこもった意志は、被爆以前の大田においてそうだったよ...続きを読む