「ウィリアム・バトラー・イエイツ」おすすめ作品一覧

「ウィリアム・バトラー・イエイツ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/24更新

ユーザーレビュー

  • ケルト妖精物語
    アイルランドの妖精のイメージが随分変わった。あまりにも知らなすぎた。
    これまでは、キャラクターとしてのおちゃらけた気のいい妖精のイメージを持っていたが、ゾッとするような不気味な世界にページを捲る手が止まらない。
    高圧的な態度や、死体を無理やり背負わされるなど…。
    アイルランドの人々にとって、恐怖の対...続きを読む
  • ケルト妖精物語
    積み本を読もうキャンペーン(1)

    私の思い描く妖精と、現地(という言い方でいいのか)アイルランドで語り継がれる妖精像が全く異なることに衝撃を受けた。
    妖精と真っ先に思い浮かべるのはピーターパンに出てくるティンカーベルのような小さく、美しく、羽が生えた蝶のような人。そして何か漠然と”いいもの”だった...続きを読む
  • ケルト妖精物語
    バンシーやメロウなど、今となっては定番の話が多く収録されているが、前後関係としてはこれに収録されたから定番になったんだよな、という。おそらく古来から伝わっていた話も少なくないだろうが、そこへキリスト教的な視線が含まれることで全体にどことなく違和感が生じているのは面白い。妖精とキリスト教の悪魔との関わ...続きを読む
  • ケルト妖精物語
    イギリスの妖精は、日本の昔話でいう鬼とか、擬人法で現れる生き物達、幽霊にあたるのかな。

    序章の解説はとても面白く読み通しました。もう一度反芻して頭のなかにいれていきたい。

    また一つネタを繰り出せそうです。
  • ケルトの薄明
    イェイツが各地で収集したケルト民話。
    神話ではなくあくまで地元の妖精目撃談の類なので地味なこと極まりない。
    ケルト版「遠野物語」といったところだろうか?
    違うのは、イェイツの行動や主観が多く記されている(相対的に語り手が語った部分は少ない)ことと、イェイツが柳田に比べてかなり体を張ってフィールドワー...続きを読む