あのころのベスト10【第9回・1997年】


  • 1997年というあのころ

    「少年H」のキャッチフレーズ、『愛と笑いと勇気』。1997年は日本サッカー男子が初めてW杯出場を決めた年でもあり、日本中に笑顔と勇気と元気が漲りました。


    ベストセラーランキング

    第1位 『失楽園』 渡辺淳一 / 講談社

    第2位 『少年H(上・下)』  妹尾河童 / 講談社

    第3位 『鉄道員(ぽっぽや)』 浅田次郎 / 集英社

    第4位 『「次」はこうなる』 堺屋太一 / 講談社

    第5位 『ももこの世界あっちこっちめぐり』 さくらももこ / 集英社

    第6位 『他人をほめる人、けなす人』 F・アルベローニ / 草思社

    第7位 『ビストロスマップの完全レシピ』 扶桑社

    第8位 『漆の実のみのる国』 藤沢周平 / 文藝春秋

    第9位 『菅野美穂写真集NUDITY』 宮沢正明 / ルー出版

    第10位 『脳内革命(1・2)』 春山茂雄 / サンマーク出版

    芥川賞


    第117回 『水滴』目取真俊

    ※第118回受賞作品なし

    直木賞


    第117回 『女たちのジハード』 篠田節子

    第117回 『鉄道員(ぽっぽや)』 浅田次郎

    ※第118回受賞作品なし

     
    出典:(株)出版ニュース社 「出版年鑑」

    ※全ての作品が、電子書籍化されているわけではありません。
    ※マークのあるものがBookLive!で購入可能です。
    ※ただし、同一作品であっても、初版の出版社と電子書籍を扱っている出版社が異なることがあります。ご了承ください。

    BookLive配信中!

    少年H

    少年H

    妹尾河童
    小説 / 国内小説
    1~2巻

    594円(税込)

    胸に妹尾肇のイニシャル「H」の文字を編み込んだセーター。外国人の多い神戸の街でも、昭和12年頃にそんなセーターを着ている人はいなかった……。洋服屋の父親とクリスチャンの母親に…

    鉄道員(ぽっぽや)

    鉄道員(ぽっぽや)

    浅田次郎
    小説 / 国内小説
    1巻

    432円(税込)

    娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた……。映画化され大ヒットした表題作「鉄道員」はじめ「ラブ・レター」「角筈にて」「うらぼんえ」「オリヲン座からの招待状…

    • あのころのベスト10 特集一覧

      • 【第1回は1973年】
      • 【第2回は2006年】
      • 【第3回は1987年】
      • 【第4回は2004年】
      • 【第5回は1983年】
      • 【第6回は2000年】
      • 【第7回は2008年】
      • 【第8回は1999年】
      • 【第9回は1997年】
      • 【第10回は1984年】