少年H(上)

少年H(上)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

胸に妹尾肇のイニシャル「H」の文字を編み込んだセーター。外国人の多い神戸の街でも、昭和12年頃にそんなセーターを着ている人はいなかった……。洋服屋の父親とクリスチャンの母親に育てられた、好奇心と正義感が人一倍旺盛な「少年H」こと妹尾肇が巻き起こす、愛と笑いと勇気の物語。毎日出版文化賞特別賞受賞作。2013年夏・映画公開決定。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
478ページ
電子版発売日
2012年04月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2014年10月25日

    昨年、映画を見てから原作を読もうと決めていた。子ども目線での日常。徐々に納得の出来ないことが増えてくるところが、生々しい。巻末の阿川さんの文章に書いてあった筆者の「戦争はね、ある日突然くるもんじゃない。小石がパラパラと落ちてきたりするていど。でも実はそれが、戦争が始める前兆だったことを、後になってか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月30日

    妹尾くんが見た(感じた)日常風景が、淡々と語られている。
    戦中を舞台にした作品ですが、価値観の押し付けがないので、戦争についてフラットに考えられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月02日

    第二次世界大戦が始まる前に少年だった子供が、大人になる時期を戦争という時を通して
    彼の目でおった日々の話
    上巻は、まだまだ、外国人も多く、それなりに新しい文化に触れながら楽しく緩やかに育って行っていた。
    だんだんと本格化するに連れて
    理解出来ないことが多くなり
    それを胸に秘めなくてはならない理不尽さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月26日

    文庫化を待ち望んでいた作品でした♪ 読み応え充分♪
    日本人が読んでおくべき、知っておくべき極近い過去の重い歴史を、1人の少年の目から見た史実として“生き生き”と活写している読みやすい文章は、おそらくは もの凄く 価値あるもののように思えます。
    作者自身でもある“H”少年の日常は、その時代を実際に生き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月01日

    子供に読ませたい本。戦争がどのように起こっていったのか、普通の人たちは何を考えていたのか知る事ができた。子供目線で笑いありなので楽しく読める。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月25日

    小学生くらいに推薦図書みたいなんで買って、ずっと本棚で眠っていた一冊。
    名作と言われるにふさわしい一冊やった。

    内容的は、戦時下で過ごした少年のストーリー。
    少年から見ての戦争と戦争に対する周囲の人たちの反応が描かれていて、なるほどなーと思わせられる内容でした。

    笑いあり、涙ありのホンマ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月18日

    まだ下巻を買ってないので急いで買いに行かなくては。

    とにかく読みやすかったです。
    少年Hにまつわる様々なエピソードが少しずつ少しずつ戦争の色を濃くしていく過程がよくわかります。

    2012.10.18

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月21日

    小学生の時読んだ本を掘り返して読んでみた。
    少年Hの独特の視点で戦争について書かれているのが実に興味深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月14日

    戦争があったころのお話。
    主人公は私の父より少し年上で、
    こういう時代だったのかぁ、と思い浮かべながら読んでいました。
    今、下巻を読んでいます。全部読み終わったら父にもすすめようと
    思っています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月14日

     思春期の戦争を体験した著者の、厳しい環境の中に、ユーモアのそして、自己をしっかり持った内容でした。面白くて、あっという間に読み終わりました。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 少年H(上)
    605円(税込)
    胸に妹尾肇のイニシャル「H」の文字を編み込んだセーター。外国人の多い神戸の街でも、昭和12年頃にそんなセーターを着ている人はいなかった……。洋服屋の父親とクリスチャンの母親に育てられた、好奇心と正義感が人一倍旺盛な「少年H」こと妹尾肇が巻き起こす、愛と笑いと勇気の物語。毎日出版文化賞特別賞受賞作。2013年夏・映画公開決定。
  • 少年H(下)
    605円(税込)
    この戦争はなんなんや? ――忘れられかけている太平洋戦争とその時代を、純粋な「少年H」の眼を通して現代に記した、著書初の自伝的長編小説。戦争のまっただ中を逞しく生きる悪童とその家族が感動を巻き起こす大ベストセラー。戦争を知らない少年少女はもちろん大人たちもぜひ読み継いでほしい名作! 2013年夏・映画公開決定。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています