【感想・ネタバレ】フューチャー・イズ・ワイルドのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年05月03日

出てくる生き物が気持ち悪くて、本当に大好きです。世界の説明も分かりやすく読みやすい。忘れた頃に繰り返し読んでいます

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月07日

子供に返って楽しめる。舞台は500万〜2億年後の地球、まじめに奇抜にその時の地球を考察する。イカがスーパーでっかくなってのしのし歩いたりする。ヤバイ、2億年後まで生きてたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月30日

ポケモンに出てくるモンスターを全部覚えて、どういう技をもっているかとか、ぶっちゃけ人生にほとんど役に立たない知識を、頑張って勉強する、みたいな、なんというかどうでもよい事って感じがする本で、でもそういうのだからこそ本当に楽しいのでした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月31日

「人類が死滅していること」「筋肉や骨の強度といった生物の構造そのものには変化がないこと」「光合成の速度や進化の速度は現代と同等であること」を前提に、500万年後、1億年後、そして2億年後の地球にはどんな生物が繁栄しているかについて、あくまで科学的な知見と推測に基づいて描かれる、未来の地球の姿。最初は...続きを読むギャグかなぁーと思いながら読み始めましたが、読み進めると「意外にこんな世界が本当に有り得るのかもしれない」と思えてきました。空を飛ぶ魚も陸上で生活するようになったイカも、なくはないだろうなぁという印象です。

ただしカオス理論を考えると、何か一つの要因が違っただけで、この本で推測された未来は絶対に来ないんだろうな、とも思います。そう考えると、嘘っぽくならない程度に、かつかなり大胆に生物の進化について考え、それを本にまとめて世に出した、この本の出版者たちは思い切ったことをしたなーというか、度胸があるなぁというところです。

科学的な根拠に基づいた壮大な娯楽、として楽しめる本だと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月28日

新書購入

 サイエンス本。資料用。
 遠い未来(2億年後)に地球にいる動物たちの予想。

 はっきりいって、このカラーイラストの多さと、このネタの豊富さは、お得感いっぱい(笑)
 陸上生物となったイカとか、鳥のように空を飛ぶ魚、巨大化した昆虫、牧畜する蜘蛛。ジャンプして移動するカタツムリ。
 魅力...続きを読む的な動物がいっぱい。

 この話は昔、テレビでやったから、見た人もいると思う。
 資料本として最高。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

「人類滅亡後の地球には、どんな生物が現れるか?」
これが本書のテーマです。
人類滅亡を規定の事実としているところが凄いですねw

実はこの本、じっくり熟読してません(汗
文系人間の私には、理系の科学書は苦手なんですよねw
しかし図入りで判り易く解説しており、科学の素人でも楽しめるでしょう。
大陸移動...続きを読むと気候の変化、そして過去の生物進化の過程から予想される未来の生物進化について綴られています。
「魚が空を飛ぶ」、「イカが陸上を歩く」、とかいうのは、あくまでも可能性の話ですが、しかし生物がどのように進化するのか?ということを学べます。
本書で"ニッチ"(1つの種が利用する、あるまとまった範囲の環境要因)という言葉を初めて知りましたが、その後ホリエモンさんがよくこの言葉を使っていましたw

ニン、トン♪

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

2億年後の地球上にはびこる生物を、科学的かつ大胆に予想。
魚が空を飛び、哺乳類は虫の家畜と化し、巨大なイカが地を歩く。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

 地球誕生から46億年間を描いた本は沢山あるが、未来の地球を描いた貴重な本である。 現時代は人間が繁栄し美しい地球を破壊し続けた。そして6回目の大量絶滅は、人類が原因で起こるとされている。
 そして、人類がいなくなった後の地球はどうなるのであろう?山を切り崩しコンクリートジャングルにした場所は?原子...続きを読む力発電所の周りはどうなるのか?
 長い地球の歴史からみれば人類が繁栄た時間なんかあっという間なんだよね。何万年もの長い歳月をかけて人類の痕跡を消し去り、美しい地球に戻っていく。
そして、環境に適応できた種のみが独自の進化を遂げることが出来る。
 象の様な巨大イカが陸を歩き、魚類が空を飛び、蜘蛛は哺乳類を家畜にする…。
 など、とても興味深い話題が沢山詰まっている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

5000万年後、1億年後、2億年後の地球の姿とそれに適応する様々な動植物をCGでリアルに(略)。ここまで予測できる学問の偉大さを痛感。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

過去・現在の生物について書かれた本はたくさんあるけど
未来について書かれたというのに引かれて本書を手に取りました。
本書に登場する生物は空想上のものではなく、生物学と進化論の
基本的原則に則って描かれています。最新のCGで描かれた未来生物は躍動感たっぷりの迫力で
こんな生物がいそうだなと思わせてくれ...続きを読むます。私には想像もできない世界と生物を見せてくれる
一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

 5千年、1億年、2億年後の壮大な地球図鑑!!
元はNHKで放送されていたものを、本にしたらしいです。
これをリアルに未来ととらないで、1つの物語として読むと楽しさ倍増しました。
カラーで様々に進化した動物がいて、一種の図鑑みたい。(妖怪図鑑とかの類を思い出す...)

 でもでも、大好きな一冊です...続きを読む!見ていて楽しい、読んで「へぇ〜」と思える。動物たちも、可愛いのからツッコミどころ満載の笑えるものまで数多くあって、めっちゃ楽しいんです♪

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

物凄い未来に生き物たちはどういった進化を遂げているのか?魚が空を飛ぶ。未来はすごいことになっている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月11日

ドゥーガル・ディクソン御大は、どこぞで、
「節足動物系はわけのわからん進化をするのでなるべくやらない」とかのことを言ってた気がするのだが、資料がない。
 本書では節足動物が出まくり。あげくの果てに、シルバースイマーなぞといふ「ざっくりネオテニーで生活する甲殻類などの遊泳生物の呼称」まで出る。
 五百...続きを読む万年後、一億年後、二億年後と三つあってお得。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月20日

元ネタはよくわからんのですが、とりあえず人類滅亡後、地球上の生物が気温の変化、環境の変化に伴いどう進化しているのか?という感じ。

著者の妄想なのか、データに基づいた予想なのかは定かではないですが、おもしろいです。

身近にいるあんな生物がもの凄い進化を遂げていたり。
500万年後、1億年後、...続きを読む2億年後に分かれていて、それぞれにショートストーリーが盛り込まれています。

未知ゆえに興味深い。
実際に2億年後、どうなっているのか確認するすべもなく、また本の通りに進化を遂げたとしてもこういった本が存在したという事実は、そのとき宇宙の塵の如く消え去っているだろう。ということがとても残念。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

究極の生物の進化形をたっぷりのグラビアで提示。学問的にどうこういうより、怪獣好きにはたまんないです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

未来の地球は大変なことになっている

問題なのは紹介されている生物が
あまり美味しそうではないという事だ

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月25日

地球の未来の生態系はどうなっているか?を現在の最新の科学を用いて考えた本。
豊富なグラフィックスとわりかし平易な文章、度肝を抜かれる生物群、見ていてあきません。
地上をのしのし闊歩するイカが見たい人、どうでしょう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

生命の誕生から現在、そして未来の生命の在り方予想をしてる本。いままでの歴史から考えるとン万年後には氷河期がきて生き物はこういう進化をしているだろうという予想をCGを添えて紹介している。いやいやこの形はありえないだろうと思っても、魚から進化した現在の生物のことを考えるとけっこう在りうる未来なのかも。自...続きを読む分としてはもっと夢が欲しかった(笑)。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

地上に進出した体重8トンのイカ!跳躍する砂漠のカタツムリ!など500万〜2億年後の地球にいるであろう生物の話です。突飛に見える姿形ですがいないとも限らない。実際、5億4千万年前の「カンブリア紀」にいた生物は今の生物とかけ離れた奇妙なものだったそうです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

2億年後、人類の消えた世界ではどんな生物が生き残っているのか、ということがテーマ。
データや科学的論証から推測し、それをCG化しているんですが、これがなかなかおもしろい。
例えば体重が2トンもある陸生のイカとか、松ぼっくりのような鱗を持った猪(本書ではパカ)とか普通に考えただけだと想像もつかないよう...続きを読むな生き物がCGで描かれています。
少し科学的な条件や情報に偏り過ぎた感がありますが、門外漢である自分でもかなり楽しく読めたので、自然科学に興味がある人には、かなりお勧めです。

このレビューは参考になりましたか?