【感想・ネタバレ】写楽心中 少女の春画は江戸に咲く 1のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月16日

春画もの、ということでちょっと色っぽいお話。写楽の娘が蔦屋さんに引き取られ、その才能を開花させていく。
あの有名な北斎の娘も出てきて欲しいなぁ…。
江戸の独特な匂いまで伝わってきそうな描写にうっとりしました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月10日

母、娘、絵師、吉原の女、妻「女性」ではない「女」としての「熱」が生きる糧。

東洲斎写楽と花魁の間の娘のたまきが描くのは、単なる春画でなく、誰かの心のよりどころ。

死を目の前にした母の珠緒の、由太に畳み掛けるような問いかけの数々「あの子は今・・・・幸せ?」は母の愛の証。

たまきよ、英泉を喰ってし...続きを読むまえ!
さて、次も読んでみたい。

もちろん、架空の話、だか、蔦屋重三郎、北斎、豊国、英泉と、江戸の重鎮達を配し架空であることを忘れさせます。
たまきの描く「誇り」を、手にした筆がどのように描きだすのか?

#漫画好きな人と繋がりたい
#漫画好きと繋がりたい
#写楽心中
#漫画
#漫画倶楽部

このレビューは参考になりましたか?