【感想・ネタバレ】HELLO WORLDのレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

このページにはネタバレを含むレビューが表示されています

ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年11月11日

HELLO WORLD
「お前は記録世界の住人だ」本好きで内気な男子高校生、直美は現れた「未来の自分」ナオミから衝撃の事実を知らされる。世界の記録に刻まれていたのは未来の恋人・瑠璃の存在と、彼女が事故死する運命だった。悲劇の記録を書き換えるため、協力する二人。しかし、未来を変える代償は小さくなかった...続きを読む。世界が転回する衝撃。初めての感動があなたを襲う。新時代の到来を告げる青春恋愛SF小説。

とのことで、多分、これを読んでも、何のことかわからないと思います。ただ、読み終わってから、これを見ると、すごく納得できるので、一度読んでみることをお勧めします。
タイトルにあるHELLO WORLD に惹かれて読みました。というのも、プログラミングで、一番最初に画面に表示させた文字がこれだからです。思い返してみれば、よく物語の内容を表している素晴らしいタイトルです。
ちなみに、主人公の直美は高校1年生です。すごく、青春、って感じでした。(笑)



SF小説と冒険小説。さらに、世界までもを巻き込んで物語は展開されていきます。すごく、近未来的で、でも簡単に想像できる、そんな世界でした。
人の「思い」は、本当にすごいな、と改めて感じました。人の熱い想いに触れてみたい方にも、お勧めです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月26日

まず、とても面白かった。
恋愛的な要素も含みながらSFとしての面白さもあり、最後どのような結末になるのか予想することが楽しかった。
しかし、一度読んだだけでは理解しきれていない部分もあり、もう一度内容を分かった上で読むとまた面白いだろうと思う。

特に最後の結末の部分でナオミはどうなったのか、ナオミ...続きを読むのいる世界はどういう世界なのかを深く考えたい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2022年02月10日

映画を観てから読んだのであらすじはわかっていましたが、改めて読むと二転三転がすごいなと思います。怪獣にやられたときはもうだめかと思いましたが、二人とも終わりはハッピーエンドでほっとしました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年08月21日

展開が2転3転しワクワクが止まらない作品でした。本書の冒頭はよくある展開のように思えましたが、中盤以降の展開は全く予想できないものでした。
 大きな謎解き要素もありましたが、小さな伏線もたくさんあり楽しめました。個人的に好きなシーンとして主人公とヒロインの会話で好きな小説について教えあい、主人公はS...続きを読むF、ヒロインは冒険小説が好きと語ります。そして本書はその二つの要素を兼ね備えたものになっているという粋な計らいがとられていました。
以下ネタバレ含みます。
 
 
 私が本書の中で一番好きなシーンは何事も自分では決められない主人公が苦難を乗り越えた先に「僕」がやりたいことが決められます。しかし、その「僕」がやりたいことは「俺」の指示だったというやりとりはシンプルでありながら奥深いものに感じました。
 やはり本作の醍醐味は2人の自分の掛け合いだと思います。未来の自分を先生と呼び、先生は過去の劣っている自分が成長し、先生である今の自分を超えていくそんな熱い展開を披露してもらいとても嬉しく思っています。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月01日

未来からやってきたナオミに出会い、直実は未来で恋人の瑠璃が事故死すると聞かされる。ナオミの協力の下、瑠璃と恋人になるべく動き出す…内気な直実と孤高の瑠璃が本を通じて近づいていく姿が微笑ましたかったです。このまま続いて欲しかったけど、未来は残酷で。瑠璃を連れ戻す為に立ち上がった直実が成長したと感じまし...続きを読むた。ハッピーエンドで良かったです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年11月04日

人は、自分がいる次元よりも高次元の世界を、認識することができない。
だから、アルタラ内の記録世界の人間は、記録世界と現実世界を区別することができない。それを使った、入れ子構造の物語。
確かに、ナオミは、よく考えるとヤバいやり方で一行瑠璃を取り戻そうとしている。それに対して、エピローグの一行瑠璃は、も...続きを読むっと現実的で穏やかに堅書直美を取り戻そうとしていたように見える。
彼女は何も知らないはずなのに、という箇所を、少しの引っ掛かりを感じつつもスルーしてしまったけれど、つまり、そういうことだったのだ。
映画は見ていないけれども、この物語は映画の方が分かりやすかったのだろうか? どうだろうか。
正直、一読しただけでは、よく理解できていない部分もあると思う。
現実世界では、明日のことは分からない。アルタラの記録世界においても、千古教授が自動修復システムを停止させたことによって、現実世界と同じように、先が読めなくなる。これがつまり、パラレルワールドの「開闢」ということであり、決められなかった直美が決められるようになる世界の始まり、ということなのだろう。明日のことが分からないということは、どんな自分にでも変わっていける可能性があるということで。そういう意味で、これはまさに青春小説だった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年10月20日

映画を見る前に読もうと思って買ったけど、忙しくて順番逆になってしまった。
順番はどちらでも楽しめると思うけど、映画だけだと一回観ただけでは全部を理解しきれない気がするので、映画と本と、両方あると良いと思った。



量子理論を用いて無限の記憶領域を持つアルタラ。それによって全ての事象を記録する京都ク...続きを読むロニクルプロジェクト。量子記録による精神の修復。
どこまでが直実の「現実」で、どこからが記録の上で改変された世界だったのか?「現実」で直実が意識を失っていた理由は?

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年06月23日

設定は映画『マトリックス』のような仮想現実の世界設定。ストーリーや登場人物の設定は森見登美彦作品のようなライトノベルの香りのするいわゆるセカイ系のような感じ。二人の関係性が世界全体に大きく影響する。結末は映画『インターステラー』のように過去と現在、そして未来が相互に干渉、ループする、多重構造になって...続きを読むいる。科学的根拠に基づくハードSFや、社会風刺を盛り込んだSFに読み慣れた人には物足りない印象を受けるかも知れないが、疾走感があり読みやすいと思う。位置付けとしてはSF色の強いライトノベルといったところだろう。SF初心者には是非勧めたい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月24日

映画を観てから小説を読みました
作品のオチは最後までよめなかった!
やられた!よりかはなるほど!って感じでしたね
自分達住んでいる世界も記憶の世界なのかな??

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年10月17日

映画とは違って、最後のどんでん返しへの伏線がモロに書かれてしまっているので小説から入ると面白さが半減な気はする
ツッコミどころはまあ多いけど、それもSFと割り切ってしまえば青春要素とサイエンス要素がいい塩梅で込められていてなかなか楽しめた。


以下ツッコミどころと感じた点

アルタラは現実世界の単...続きを読むなる複写でしかあり得ない(現実世界から分岐=自動修復システムを停止してしまえば、もはや制御も観測も不可能)のであれば、なぜアルタラ内に「堅書直美ではなく一条瑠璃が脳死になった世界」が存在し得たのか?
もしアルタラ内の世界が無限の可能性の一つの顕現でしかないのであれば、結局この物語に意味は無くなってしまうのではないのか?

このレビューは参考になりましたか?

「SF・ファンタジー」ランキング